2016年 12月 08日
本の家 サッシ取付完了しました
a0152574_08274223.jpg
久しぶりに「本の家」に関する情報です。
逗子市で建設中の「本の家」は本の保管の為にマンションを1室借りるほどの多くの本を所蔵されている建て主様の住宅です。ほぼ無断熱のような状態でカビにも悩まされてきたことから断熱性能と換気性能を高め、2階南面窓からの陽ざしで家全体を暖める工夫を凝らした住宅です。

現場の状況はサッシと外壁下地板の設置が完了し、いま付加断熱の外張り断熱材を敷設しているところです。内部は構造体が露わになった状態で、2階の南面する大きな窓から差し込む陽ざしがとても美しい光の筋が1階まで達していました。いつも感じる事ですが、木造軸組み住宅の仕上げ前の状態はとても力強く美しい!!

さて「本の家」の計画についてもう少しご説明しましょう。写真左側の1階が玄関ホール兼ダイニングスペース、その真上の2階が大きなホール(洗濯物干場)になっていて、ホール真南面にある大きなサッシから陽ざしを取り込み、半透明の床を通してその光が1階を照らしてくれるという計画です。半透明の床は光は通しますが熱は通さないので当然2階だけ室温が上がってきます。2階の暖まった空気をファンで1階へ送風して1階も温めるという設備的な計画により、1階と2階の温度差を平均化します。夏季と中間期に重要な換気量は計算で必要量を確保できるよう計算で確認しています。壁面窓だけでは不足する換気をトップライトを1ヶ所設置しました。

計画敷地は東側に山があり冬の朝日は入りません。昨日現場へ行ったのは午前10時、設計時に検討したとおり真冬でも朝10時から直射光が入射することも確認できました。この陽ざしが午後3時まで家を明るく暖かく照らしてくれます。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-12-08 08:53 | 本の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 07日
感共建築ラボの快適住宅 大船で完成見学会
a0152574_19455436.jpg
私が副代表を務める「感共建築ラボ」主催の住宅完成見学会を開催します!!
設計担当は感共建築ラボメンバーのアトリエCONTINUEの小島さんです。神奈川県産材を使った手刻み無垢の木の家です。
採光と風通しを丁寧に読み解き、建て主様が自ら珪藻漆喰を塗った自然素材の家です。手刻みの木の家なんてめったに見ることはできませんのでこの機会に是非お越しください。
日時:2016年12月10日(土)10時~16時
場所:大船駅から徒歩15分ほど(ご連絡いただいた方に詳細住所をお送りいたします)
問合せ先:info@kankyo-labo.jp(氏名、緊急連絡先をご記入のうえメールをお送りください)
当日の連絡先:090-8569-2781(小島)

感共建築ラボでは来年も毎月のようにオープンハウスなどイベントを開催してまります。下の感共建築ラボHPでイベント情報を随時更新しておりますのでご注目ください。来年早々のイベントは私、森建築設計 森が設計担当として計画した賃貸併用住宅(賃貸は女性専用シェアハウス)のオープンハウスを開催いたします。
http://kankyo-labo.jp

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-12-07 19:58 | 感共建築LABO. | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 06日
神奈川県建築士会 環境部会で勉強会を開催しました。
a0152574_14081828.jpg
昨日は、所属する神奈川県建築士会 建築環境部会で勉強会を開催しまいした。
勉強会前半は部会員の加藤さんが講師となって解説した「光」について。光の特性、建築計画に必要な照度計算、照明ランプの歴史などについて解説してくれました。
建築環境部会では人間の五感についての勉強をしてきました。その一環として士会会員への公開講座を開いて皆さんに再確認してもらいました。くしくも昨夜NHKの情報番組では照明デザイナーの仕事について密着取材しておりました。「美しい影を作る」、「命の光」など心に響く言葉を聞くことができました。

勉強会後半では温熱計算、特に日射取得遮蔽性能の計算についての解説を行いました。先日、同会で開催した岐阜県立森林アカデミー辻準教授の講習会を補完するような復讐会も兼ねたものとしました。温熱計算は慣れてしまえばなんてことないのですが、取り組むまでが一苦労です。建築環境部会では多くの建築士に温熱計算に取り組んでもらい、その先の「真に快適な環境とは」という点に目を向けていただきたいと考えています。その後押しができればと考えて開催している勉強会です。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-12-06 14:17 | 環境部会活動 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 04日
バウビオロギー終了試験に合格しました!!!
a0152574_11193171.jpg
通信教育講座バウビオロギーの終了試験に合格し、「バウビオローゲBIJ」となりました!!!
これは最近5年間の学びのなかで最大の成果です。通信教育講座開始から3年近くかかりましたが、健康・快適・エコ・美しいデザインを総合的に統合していく建築設計の新たなスタートでもあります。

終了試験の合格書と共に同封された送付書には次のように書かれています。
「追伸教育講座バウビオロギーの学びの終りは、同時にバウビオロギーの領域における創造的な、アクティブな活動の始まりでもあります。この間学ばれて知識を獲得し、そして資格をもつことはしかし、健康で、エコで、より美しく、そして人間味あふれた住環境に貢献していき、ひいては世界を良くしていくことの責任を引き受けることをも意味していいます。」

「世界を良くしていくことの責任をひきうけることをも意味しています」とは身の引き締まる思いです。
通信教育講座バウビオロギーでの学びはとても幅広いものでした。土地の選定、住居環境、建築構造、エコ収支、建築材料学、暖房設備、省エネ建築、電気設備、放射電磁波、空気汚染物質、騒音、空間フォルム、居住心理学、住居生理学、光と照明、色彩学、家具、以上のように列記した分野の知識を学びました。これらすべての問題を解決することは難しいですが、一つ一つの仕事を通じて居住者と地球全体にとってより良い世界にしていくための努力を続けていきます。

【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-12-04 11:50 | Diary | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 02日
バルコニーハウス 大工工事進行中
a0152574_11503173.jpg
バルコニーハウスの現場確認してきました。普段の監理はスタッフに見てもらっているので、約3週間ぶりの現場確認になります。
断熱材を張り始めた段階の確認を主にしてきました。大工工事が始まったときに敷設方法を説明しているのですが、言葉と実際の施工にはどうしてもギャップがあるので断熱材を張り始めた段階で確認しながら大工さんに再度施工方法の指導を行いました。この現場では袋入り断熱材を入れていますが袋入り断熱材の施工はとても難しいです。そのまま押し込むと外壁側コーナーが丸まり空洞を作ってしまい断熱効果が半減するだけでなく結露リスクが高まってしまいます。現場ではすでに敷設された断熱材の一部を剥がし正しく施工されているかの確認をして、その場で実演しながら正しい施工方法を指導しました。

写真は2階リビングダイニングを撮影したものです。上部高窓から明るく暖かな光が差し込んでいます。奥はキッチンと書斎スペース、中央がダイニングスペース、手前がリビングスペースになります。ダイニングスペースとリビングスペースの床には20センチの段差があり、壁は無いけど心理的なスペースの区分を作っています。(写真ではよくわかりませんが)
書斎スペースからリビングスペースまで連なる壁際のカウンターが空間に一体感を与えながら機能的にはベンチやテレビ台になるという設計です。内部の石膏ボードが張られた段階でまた現場状況をUPします。

【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-12-02 12:07 | ルーフバルコニーハウス | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日
連続する船底天井

a0152574_22142693.jpg
小笠原出張から帰ってきました。
写真はペンション棟2階客室の天井です。手前のスペースと奥のスペース両方とも斜め天井。船の底を逆さにしたような形状なので船底天井と呼ぶこともある斜め天井が連続しています。この下地にボードを張って仕上げを施せば建築工事完了となります。下の写真は建て主様と仕上げ品番決定打合せをした後にサンプルを並べて撮影したものです。右下に船底天井の室内パースがあるの分かるでしょうか。仕上げ後はこのような雰囲気になる予定です。
a0152574_22291455.jpg
次の小笠原出張は12月末の予定です。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】


# by morikentiku-mori | 2016-11-28 22:32 | 小笠原ペンション計画 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 27日
女性向けシェアハウス ガーデンサロン北千束の高窓
a0152574_12473968.jpg
ほぼ2週ぶりのブログ更新となってしまいました。
私はいま小笠原父島にいます。小笠原で工事中の3件の設計監理で今回も大忙し、今日の午後3時出航の小笠原で帰ります。
また24時間の船旅になりますが今回は電機の職人さんとお施主さんのうちの一家族が帰省するので話し相手がいて退屈はなさそうです。

さて、写真は女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の個室高窓から降りてくる光を撮影したものです。先週の現場の状況写真ですがもう仕上げ工事が終わっていることでしょう。写真は下地ボードの石膏ボードを貼り込んだ状態で、仕上げ前のこのほうが光の雰囲気がよく解ります。柔らかな光が下りてきているのが解りますよね。
この高窓は一部開閉式になっていて、採光だけではなく換気用の窓にもなっています。高窓を開放するとことで自然の換気が促され換気効果が倍増するのです。
シェアハウスの入居は来年2月1日からの予定です。今週は現場の確認だけではなく管理不動産会社との打合せも予定しております。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-11-27 12:44 | 東京都大田区F計画 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 14日
高円寺の賃貸併用住宅 竣工後の温湿度計設置
a0152574_13250679.jpg一昨日、高円寺の賃貸併用住宅を訪問し、外構植栽工事などの残工事が終了したご報告をさせていただきました。募集していた賃貸住宅2室も申込み手続きが完了しあとは入居を待つのみという状況だそうで一安心いたしました。

左は竣工お祝いとして贈呈させてもらった温湿度計のデータです。
建て主様がすぐにWeBアクセス設定してくれて事務所のパソコンやスマートフォンなどから室内外の温度や湿度を確認することができるようになりました。

お引き渡しした住居系の用途では温湿度計をプレゼントして、夏と冬の環境分析と住居時の暮らし方アドバイスをしています。高円寺の賃貸併用住宅でも2月と8月の環境分析をして建て主様にご報告する予定です。

この温湿度計は二酸化炭素濃度も計測できます。二酸化炭素はそのものが有害という物ではないのですが、他の有害物質濃度のバロメーターになります。ビル管理法では二酸化炭素濃度1000PPM以下にするよう定められており、一般的にも1500PPM以下とするよう推奨されています。二酸化炭素濃度を低く保つことにより、ホルムアルデヒドなど他の有害物質の濃度も許容範囲ににあると言えるのです。二酸化炭素濃度を知ることで窓開け換気するべきかどうかが分かります。

ちなみに二酸化炭素単独で人体に影響が出始めるのは2000PPMで眠くなるなどの症状が出始めます。3000PPMを超えると頭痛やめまい、5000PPMを超えると呼吸不全、7000PPMを超えると人体に危険が生じると言われています。

人は寝ている間も呼吸しているので室内空気環境を正常に保つことは極めて重要なのです。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】


# by morikentiku-mori | 2016-11-14 13:58 | 高円寺の賃貸併用住宅 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 13日
シェアハウスのキッチンタイル
a0152574_16311692.jpg
このシェアハウスのキッチンは家具工事でキッチンカウンターと吊棚を設置してタイル屋さんが壁タイルを張る仕様となしています。シェアハウス入居者への告知資料では料理したくなる「ときめきキッチン」と説明しており、タイル品番の選定では失敗は許されません。仕上げ品番としては最後の選定となりましたがよく考えて決めました。

写真中央の柄タイルがキッチンレンジフード下の壁に張るタイル、柄タイルの左にある小さな桜色タイルはキッチンカウンター下の壁に張るモザイクタイルです。
そして柄タイル下の白いサンプルがキッチンカウンターとして選定した人造大理石コーリアンです。

タイルの色はピンク色、というより桜色と言った方がイメージに近いと思います。実際の品番です。
・レンジフード下タイル:名古屋モザイク ルッチカンテ MER-02511-2M
・カウンター下のタイル:名古屋モザイク リコモザイク 25角103色
・キッチンカウンター :コーリアン グラーサシリーズ ベージュ色

このキッチン壁タイルには当初からピンク色のタイルを探していたのですが、品が良い色合いのタイルがなかなか見つからずに最後の選定となりました。そんなときに馬車道アトリエのすぐ近くに最近オープンした名古屋モザイクのショールームを覘いたところ、探し求めていた色柄に近いタイルを発見したのです。そのタイルがレンジフード下で選定したタイルです。なんとまだカタログにも掲載されていない新商品だそうです。そりゃカタログを見ても発見できないはずです。

可愛くてお洒落なタイルとの幸せな出会いでした。シェアハウスは来年1月にはオープンハウスでお披露目できるよう工事を進めています。
下のアドレスでこのシェアハウス専用ホームページをごらんいただけます。
http://sharedhouse.net/

【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-11-13 16:43 | 東京都大田区F計画 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 08日
穴あきブロックの活用
a0152574_16163329.jpg
感共建築ラボの珪藻土体験会の会場へ向かう途中の住宅街で目に止まった境界ブロックです。

なんか「懐かしい」デザインだな~
普通の穴あきブロックおを縦横に並べて積んでいるのだが何故か懐かしさを感じながら写真撮影した。
良く考えられたデザインではある。縦横に積み重ね白塗装した上に目地部分を黒色で塗ってある。
この黒塗装がメリハリを生んでくっきりとした印象を与えている。
安価なブロックではあるが工夫次第で面白いデザインになるものだ。

と感心しながら、このブロックを見た瞬間に感じた「懐かしさ」のについて考えた。

???

???

あっそうだ、ウルトラマンに出てくる怪獣を思い出したのでダ!!
大昔、夢中になって見ていたウルトラマンの怪獣、あの有名な「ゼットン」や「ダダ」っぽいと感じてしまったのだ。
形はまったく違うのに白と黒の印象から連想したのである。
a0152574_16451924.jpg
a0152574_16465841.jpg












左が「ゼットン」で右が「ダダ」である。見ての通りブロックとはまったく違うのでである。
アホな話だが人間の記憶というのは思ったほど正確ではない。多くの記憶と結びつけて事実を作り上げたり、強い印象は記憶されるが弱い印象はいとも簡単に忘れるなんてことは日常茶飯事である。つねに脳裏に刻む努力が必要だという落ちでいいでしょうか。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-11-08 16:37 | Diary | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 06日
珪藻土壁塗り体験会を開催しました
a0152574_14064481.jpg
昨日は私が副代表を務める「感共建築ラボ」の珪藻土壁塗り体験会を開催したまし。ラボメンバーの一人である建築家の施工現場をお借りして参加いただいた方々に左官塗りを体験してもらうというイベントです。なんとこの住宅はお施主さん自ら全ての壁の珪藻土塗りをしている最中でした。すこしお話しを聞くと体はきついけど充実感が高いとのことでした。経験してみないと分からないのですが、左官工事はほんとうに体にきます。コテを握る利き腕だけでなく左官材料を持つもう片方の手に常に土の重みがあります。天井や狭い部屋はアクロバットしながら作業するような感じです。

さて、そんな左官工事の体験会ですが、冒頭に私が「感共建築ラボ」について説明させていただき、次に設計者である建築家の小島氏から建物の概要説明、その後に参加してくれた方々全員に珪藻土塗り体験してもらいましした。みなさん最初は慣れない手つきで恐る恐る塗っていましたが慣れてくると気持ちよく塗れて楽しんでくれたようです。

今回使っている珪藻土は珪藻土に漆喰を混ぜた珪藻漆喰という材料です。珪藻土は表面が柔らかく中性という性質から、傷が付きやすくカビが生えることもあります。珪藻漆喰は調湿効果の高い珪藻土にアルカリ性で表面強度の高い漆喰を混入することで両者の長所を掛け合わせた材料です。カビ被害の可能性が極めて低くなり、時間を経るごとに表面が硬化するので傷が付きにくく汚れも落としやすい塗り壁になります。私も以前は「珪藻土」を標準的に使っていましたが、カビ被害を経験してから「珪藻漆喰」を標準仕様にして使っています。調湿効果と体感温度調整効果が実感でき、洗面脱衣室に使用しても何ら問題ありません。とても満足度の高い建材です。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-11-06 14:21 | 感共建築LABO. | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 05日
パッシブデザイン解説9「パッシブデザインの認証制度」
a0152574_8322278.jpg
今日はパッシブデザイン解説シリーズ9「パッシブデザインの認証制度」について解説します。

パッシブハウスの認証制度としては民間団体が運営している「パッシブハウス大賞」や「エコハウス大賞」などがありますがパッシブハウスに特化した公的な認証制度はありません。
公的にあるのは省エネ性能を認証する制度だけです。
省エネ性能とはつまり二酸化炭素排出量のことです。
ZEH(ゼロエネルギーハウス認証制度)、CASBEE(エコロジー度の認証制度)、低炭素住宅認証制度などがありますが、今後はBELS(べルス)に一本化されすと言われております。

BELSは「Building-HousingEnergy-efficiency Labeling System」の略称で、「ベルス」と読みます。
同じ計算法に則って一次エネルギー消費量を算定する。消費者にとって、省エネ性能というモノサシで建物の「燃費」を横並びに比較できる認証制度です。

パッシブデザインの認証とは直結しませんが他の認証制度として長期優良住宅や低炭素認定住宅などもあります。依頼されれば取得していますが、総合的にみてクライアントにとってのメリットが薄いためお勧めはしていません。前述のBELS住宅版は本年度開始された制度ですがこれは今後の物件で取得していきたいと考えています。
パッシブデザインの評価はなかなか難しいものです。プラン、快適性、省エネ性、経済性、意匠性など様々な評価軸がそれぞれ関連しながら一つの建物として成り立っているからです。それぞれの評価軸がどのように関連しているかは過去のパッシブデザイン解説シリーズを見返してもらえば分かると思います。


【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-11-05 11:06 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 01日
小笠原ペンション計画 屋根工事完了
a0152574_10441737.jpg
昨日、小笠原から帰ってきました。
帰りの小笠原丸は結構揺れてパソコン仕事どころではありませんでした。客室の丸窓から海を見ると波が生き物のように蠢きながら窓よりも高い位置まで上がってきます。一つとして同じ形のない波のうねりに見とれながら大きく揺れる体を支えます。10時間くらいはそのような高い波の中の航海となりましたが無事に竹芝に着岸し自宅へ帰りました。

小笠原滞在中は工事中の3件の打合せと現場確認で今回も大忙し、夜は友人との情報交換(飲みですね)でこれも大忙し。そんなこんなで小笠原滞在中はブログ更新なしとなってしまいました。小笠原の気温は27度~29度とまだまだ暑く、特に最終日の日差しは内地の真夏そのものでした。小笠原特有のスコールは少なくなりましたが初日に一回ありました。小笠原丸の乗船客数は500名くらいでこの時期にしてはそこそこの乗船数でした。次ぎ便は年に2度の観光協会ツアーがあり町中の宿がほとんど埋まるほどの入港客数のようです。冬に向かう小笠原ですが、まだまだウエットスーツなしで海に入れます。

さて写真は小笠原ペンション計画の屋根です。屋根工事が完了し足場の上から確認してきました。奥に見えるのが小笠原丸が停泊する二見港です。停泊中の小笠原丸がペンション4室の客室からもよく見えるロケーションです。
次回の小笠原現場監理は来月末の予定です。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-11-01 11:03 | 小笠原ペンション計画 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 25日
パッシブデザイン解説8「間取り」

a0152574_8322278.jpg

明日からまた小笠原へ行ってきます。小笠原で施工中の3件の現場監理でここ数か月は毎月月末のペースです。内地は長袖でも寒くなってきましたが小笠原はどんな気温でしょうか。小笠原へ着いたらブログUPします!!

さて、今日はパッシブデザイン解説シリーズ 8回目、「間取り」について解説します。
パッシブデザインの間取りで注意しているのは、開放的ななかに落ち着けるスペースを設けることです。
家のなかを極力間仕切りのない開放的な空間とすることで、夏の通風効果を高め、冬の室内環境を安定させることができます。居室から廊下へ出ると寒いということがなくなるのですね。反面、開放的にするとプライバシーの低下、音や臭いの問題などが発生します。こららの問題をクリアしながら各人が落ち着けるスペースを作ってあげるようにしています。

開放的な空間とするための建築手法としては第一に引戸があげられるでしょう。開放できる引戸はとても重宝します。引戸やドア上に欄間を設けたり開閉式の通風子扉を設けてドアを閉めた状態でも通気できるようにすることもあります。天井まで壁を立ち上げず1,5mや2.0mの高さで止めることで開放性を高めながらプライバシーの度合いを調整することもできます。開放性の制御の方法はいろいろあるわけです。

あとはそうでね、断熱性能が高まってきたことで吹抜けを作っても不快感を感じないようになってきましたが、吹抜け上部の窓からのコールドドラフト(冷風落下)と上下温度差の問題は残ります。基本は断熱性と気密性を高めることで上下温度差は小さくなるのですが、さらに次のような方法でより快適な環境になるようにしています。吹抜け上部には大きな窓は設けない、吹抜け上部にプロペラファンや小さなエアコンを設置して夏稼働させることでずっと快適になります。

1室空間の大きさは窓の大きさのバランスを図りながらプラニングしています。窓から入ってくる日射熱量と部屋から逃げていく熱損失量のバランスを取ることで真冬でも暖房機なしで快適な環境を作ることができるのです。もちろん光の入り方や窓外への視線の抜けなども考慮が必要です。パッシブデザインは常に光と風を感じながらプラニングする必要があるのです。


【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-10-25 17:07 | eco | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 21日
ルーフバルコニーハウス 三角吹抜けの魅力
a0152574_12525259.jpg
昨日は「ルーフバルコニーハウス」の現場監理へ行ってきました。私自身がこの現場を訪れるのは基礎配筋検査依頼となりますので、建物が立ち上がって初めてみる姿に感動しました!!日頃の監理は写真右奥に幽霊のように立っているスタッフが毎週行っています。上棟時などの現場監理情報は下の「スタッフブログ」でご覧いただけますのでご覧くださいませ。
http://morikentiku.at.webry.info/

さーて「ルーフバルコニーハウス」です。南からの採光が難しい敷地ということから北側に大き目のバルコニーを作り、目隠しパネルに反射した柔らかな光を北側のリビングに導くというプランです。そしてこの住宅の二つ目の特徴が南側直射光を高窓から導くというものです。敷地は南北に対し35度くらいの角度があったので真南に近い方向を向く高窓を建物の上に乗せたような形状です。ですのリビングダイニングの上には写真のような三角形の吹抜けができました。普通の吹抜けと違い、三角形の吹抜けとそこから落ちてくる光は独特のものとなります。
これから窓サッシが取付けられ、仕上げが施されてくることになります。その都度このブログでもご紹介していきますので時々ブログ訪問をお願いいたします!!
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

# by morikentiku-mori | 2016-10-21 13:03 | ルーフバルコニーハウス | Trackback | Comments(0)