2014年 03月 19日
横須賀の家 断熱検査
a0152574_1251282.jpg

昨日は「横須賀の家」の断熱検査へ行ってきました。断熱検査ってあまり聞きなれない検査ですよね。現場での設計監理なのですが、森建築設計では断熱材の施設が終了した時点で断熱と気密の確保ができているかどうかを確認しており「断熱検査」と呼んでいます。その他、構造金物完了後の構造検査、外壁防水紙終了後の防水検査などもいつも行っています。

上記三点は下地ボードや仕上げをしてしまうと見えなくなってしまうので工事中の確認が特に重要です。施工業者には工事着工前に3点の確認は必ず行うので、ボード等で隠れてしまう前に検査できるように日程調整してもらっているのです。

さて、昨日の断熱検査、断熱材施設前に工事要領と断熱材施設後の他住宅の写真を送り、いい加減な工事をしたら断熱材全部入れ替えてもらうよと脅していただけあって、みっちり綺麗に施設されていました。といっても小さな指摘事項は数点ありました。菅柱部分で防湿シートが連続していない部分の気密テープ張りや、下屋下の断熱材が垂れ下がっていたので天井野縁レベルで入れ直し、窓回りの隙間に硬質ウレタンフォームを吹いてもらうどの指摘いたしました。

写真左壁をご覧ください。森建築設計では極力外壁側にはコンセントやスイッチは設けないようにしています。コンセント・スイッチBOXが断熱不要や気密不良となることが多いからです。どうしても外壁側に入れなければいかない面については写真のように垂木で中空層を作って断熱材を切り込まなくてもコンセントやスイッチを設置できるようにしています。BOX裏に断熱材を詰め込んだり気密テープ止めするよりもずっと工事が楽で確実に断熱・気密できます。

指摘事項の是正が完了したらフローリングやボード張り工事を進めていき、あと1月ほどで大工工事が完了するでしょう。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-03-19 13:04 | 横須賀の家 | Comments(0)


<< CASBEE評価員      確定申告 >>