2015年 07月 17日
感境から感共へ 新たな事業発起
a0152574_6262674.jpg

月一回の勉強会と年3階程の講習会開催をしている神奈川県建築士会 建築環境部会のメンバーで新たな事業を発起することとなり、昨日皆で集まって事業の方向性やロードマップについて協議しました。

事の発端は前回の勉強会で私が提案した「一般向け感境セミナー」の開催です。
私は現在48歳、勉強会に参加している方々は私より少し下から一回り上くらいの年齢層です。実務で得た知識や経験、2年間の勉強会で蓄積された快適環境の知識を一般の方に伝えたいという社会貢献の欲求と実務にもつなげたいという二つの目的がありました。その場での話し合いで、建築士会は非営利の団体だから営利がからむ活動は難しいだろうという結論に達し、では勉強会とは別に「感境建築研究会」という団体を作りセミナーを開催しようということになったのです。

昨日の会合では研究会を事業として発展させる枠組みについて話し合いました。
そして勉強会との違いを鮮明にするという意味もあり名称を「感共建築研究会」とすることになりました。
写真は「神奈川から日本を変える!!」を合言葉に作成した近々3年間のロードマップです。
まずは9月に第一回の一般向けセミナーを開催する予定です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-07-17 07:09 | 環境部会活動 | Comments(0)


<< バウビオロギー創始者シュナイダ...      建築環境のバイオクライトロジーⅣ >>