2015年 07月 21日
夏の装い
a0152574_659654.jpg

毎年6月中旬になると窓の外側に遮光シートを吊り下げます。
日射取得総熱量のうち窓から侵入する熱量は70%もあるのです。南北全面窓という我が家ではなんと家に侵入する熱量の90%は窓から侵入します。夏の室内温度上昇を防ぎ冷房費を削減するには、とにかく窓から入ってくる太陽光を遮蔽することが重要なのです。そして遮光は窓の内側よりも外側で遮光したほうが効果が高いです。効果が高いどころか外側での遮光は内側の4倍もの効果がるのですよ。

ということで夏になると我が家では写真のように遮光シートを設置しています。遮光シートがあるのと無いのとでは体に感じる熱がまったく違います。写真の遮光シートは農業用遮光シートというもので、ネットなどでとても安価に購入できます。2m×5mのシートで2500円程度で購入できます。保育園にお子さんを通わせている方は保育園の園庭で使われていることが多いので分かるかもしれません。シートには遮光率というものがあり、遮光率50%~80%くらいのもの、色も白、アイボリー、シルバー、黒などがあります。白よりも黒色のほうが遮光効果が高いのですが黒は暗くなってしまいます。用途に合わせて遮光率と色を考えたほうがいいでしょう。

夏の遮蔽方法をお考えの方は是非お試しください。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-07-21 07:11 | eco | Comments(0)


<< 壁面同等の断熱性能 4重ガラス窓      高円寺の賃貸併用住宅 設計監理... >>