2016年 01月 12日
ルーフバルコニーハウス 設計監理契約
a0152574_7445188.jpg

昨日は成人の日で我が家の近くの川崎アリーナでも午前午後と成人式が行われていました。施設周辺にはたくさんの新成人が集まり、また周辺道路は送迎の車で渋滞しておりました。近年の成人の日は大雪が降って大混乱することもありましたが昨日は快晴のなか成人の日を迎えられよかったですね。

そんななか、森建築設計は昨日新たな設計監理契約をいただきました。川崎市中区の「(仮)ルーフバルコニーハウス」です。これからプラン検討を始めるので名称はまだ仮称です。写真は先週敷地で撮影した写真です。敷地中央で地面から1.8m地点の採光時間は僅か1時間しかありません。敷地奥コーナーでも採光時間3時間です。この地域は3階建ても建設できる地域なので南側隣家が3階建てになることも想定すると採光計画が特に重要な敷地であることがよく分かります。

そのような計画敷地ということから生活の中心となるルーフバルコニーを設けてそこから採光を得ようというイメージから(仮)ルーフバルコニーハウスと名付けました。

2週間後のボリュームスケッチ打合せ、1か月後のファーストプラン提案に向け検討を進めていきます。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-01-12 07:56 | ルーフバルコニーハウス | Comments(0)


<< 温熱環境と湿気のコントロール      ボリュームスケッチ打合せ >>