2017年 06月 22日
木のカビ発生実験の結果
a0152574_08341044.jpg
木の材種によってカビの発生量に差はあるのか?
そんな疑問から始めた実験の結果を紹介します。

写真は2年間浴室に放置した割り箸です。
一番上の割り箸は天竜T.Sという森林組合の杉で作った割り箸。下2本は我が家にあった普通の割り箸。

結果は一目瞭然、天竜T.Sの杉割り箸は底面はカビが発生していましたが3面は綺麗なままです。
それに対し下2本の割り箸は4面にカビがびっしりと根付いています。
今回の実験で分かったのは、「木の材種によりカビの発生量に大きな差がある!!」ということです。

カビの発生量がとても少なかった天竜T.Sの杉割り箸は、栄養分の少ない時期に伐採(新月伐採)して葉枯らし乾燥させた天然乾燥材です。
カビが発生し難いというだけでなくシロアリ被害も少ないという特徴があります。
竣工してしまうと見えなくなってしまうかもしれませんが、このような確かな材料を使いたいものです。

http://moriken.p1.bindsite.jp/principle/macocoro.html

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】


by morikentiku-mori | 2017-06-22 09:06 | Diary | Comments(0)


<< インスペクション      YKK体験型ショールーム >>