2017年 04月 30日 ( 1 )

2017年 04月 30日
ポール・マッカートニー東京ドーム公演
a0152574_11562369.jpg

ラジオでFM横浜を聞きながら仕事路していると、ポール・マッカートニーがウイングス時代に発表しツアーでも毎回演奏している「BAND ON THE RUN」が流れてきた。一瞬にして昨日の夢のような時に引き戻された。
昨日東京ドームで行われたポール・マッカートニー「ONE ON ONE」ツアーへ行ってきたのだ。このツアーは昨年4月からスタートした世界ツアーの一環だそうだ。

4月25日の武道館公演を皮切りに、27日・29日・30日と東京ドームで3日間公演の中日となる昨日の公演に行ってきたのだ。「A Hard Day's Night」とウィングス自体の曲を演奏し終えたところで「コンバンハ、ニッポン!、コンバンハ、トーキョードーム!」の挨拶に会場は早くも熱狂状態へ。

ギター、ベース、ピアノと次々に楽器を変えながら、ビートルズ、ウィングス、ソロの名曲の数々を70歳半ばという年齢を感じさせないパフォーマンスで披露してくれた。

ジョンレノンが死亡した後に書いた「HERE TODAY」、ジョージに捧げると語った後に演奏してくれた「SOMETHING」、ビートル(当時はまだクォリーメン時代)として初めてレコーディングしたという「IN SPITE OF ALL THE DANGER 」なども聞かせてくらた。

「イッショニ、ウタオウヨ」ち促して演奏した「Obla Di Obla Da」から「Band On The Run」「Back In Tha USSR」「Let It Be」と大ヒットパレードで会場を熱狂させ、ポールライブでは毎度おなじみのステージ上を火炎放射器で大爆発させる「Live And Let Die」で会場は興奮のピークに達した。アンコールでは「Yesterday」から「The End」まで計7曲を演奏し素晴らしいショーが幕を閉じた。

ステージ上を走り回っていた頃のポールと比べると声の張りは無くなっているが、自分にとってはまさに夢のようなひとときだった。

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】


by morikentiku-mori | 2017-04-30 12:28 | Diary | Comments(0)