カテゴリ:凹窓ハウス( 41 )

2013年 11月 30日
凹窓ハウス 一年検査
a0152574_8304668.jpg

昨日、昨年末に横浜市で竣工した「凹窓ハウス」の一年検査へ行ってきました。竣工から約1年が経過し、暖かく味わい深い住宅へと成長しておりました。

一年検査では建具の開閉や内外各部の調査を行い問題箇所をピックアップしました。一番の懸念事項は雨のはね返りが当たる部分の外壁仕上げの劣化でした。通常見られない現象なので、外壁を施工した業者を呼んで後日再調査を行い是正工事を行うことにしました。雨漏りや構造的な欠陥につながるような点は他には無く、内壁入り隅の隙間や建具ソフトクローズ金物の交換など数点を施工した工務店で修理してもらいます。

1年検査にあわせ昨日は室内温湿度なども測定させていただきました。
1階廊下:温度16.6度、湿度38.5%、床・壁・天井表面温度15度~16度
2階ダイニング:温度16度、湿度35.2%、床16度、壁18度、天井19度
という結果でした。1階、2階とも寒いといは感じなかったのですが、温度実測してみると16度、検査前から奥様がお部屋の掃除をされており2階窓を開けていたことから低い温度結果だったようです。湿度が低い原因も窓の開放が原因と予想しています。次回お伺いしたときに再度実測させていただき分析する予定です。

2階リビングとダイニングは16度という室温のなか陽だまりのような暖かさを感じました。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-11-30 08:31 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 12月 26日
凹窓ハウス 竣工引渡し
a0152574_7451914.jpg

a0152574_817459.jpg

a0152574_81886.jpg

a0152574_8183190.jpg

a0152574_818502.jpg

a0152574_819850.jpg

昨日、「凹窓ハウス」の竣工引渡しを行いました。午前中に検査済書を受け取り、お昼に現場へ入り1時間半ほど竣工写真を撮影、午後2時から引渡し書類をお渡しいたしました。まだ外構土間コンの養生撤去など若干残工事が残っていますが、建て主様との出会いから約2年、ようやく完成に至ったのございます。

建て主様は明日引越ししてお正月は新居で過ごすそうです。今年の正月は引越しの後片付けで大忙しでしょう。
数年経てばそれも思いでかな。

写真は計画当社から提案した玄関ガレージです。床はモルタル、壁はOSB合板、棚板はシナランバーです。OSB板のスタンプ面(ツルツル面)をあえて表に出すことでラフな楽しさが出ています。ホームページなどに竣工写真をUPしたらブログでお伝えしますね。

住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-12-26 07:53 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 12月 23日
凹窓ハウス 施主検査
a0152574_8155310.jpg

昨日の午前中は「凹窓ハウス」の施主検査でした。そして午後は「町田ナチュラルハウス」の外壁柄決めと造作家具の打合せを行いました。ダブルヘッダーですね~家に着くと3男のお迎えと夕食作り、夜は「杉並の健康住宅」のプラン検討と大忙しの一日。杉並の健康住宅はパースソフトで外観を確認しながら平面と断面構成の微調整をしています。プラン完成までもう一息、30日のファーストプラン提示打合せまでラストスパートです。

さて、凹窓ハウスです。写真は建て主様こだわりのアメリカ製スイッチプレートです。建て主様がインターネットで購入し、施主支給で設置してもらうことで実現しました。時を経ても愛着を持って使っていただけることでしょう。プレート設置は手間がかかったみたいで、プレートを設置する為の裏板取付けが普通の日本製のスイッチと比べると3倍くらい必要です。数枚だったらよいのですが今回は家全体のスイッチプレート全て同じアメリカ製プレートだったので職人さんが根気強く作業してくれてようやく完成したものです。

出会いから2年近くでようやく完成した「凹窓ハウス」、25日(火)にお引き渡しいたします。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-12-23 08:41 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 12月 21日
凹窓ハウス 完了検査
a0152574_7262927.jpg

昨日、凹窓ハウスの完了検査を行いました。設計事務所検査と検査機関による完了検査を行い、無事に終了しました。設計事務所検査では照明器具の昼白色か電球色かの間違いが2箇所、照明器具の点灯不良が1箇所などの是正指示を行い、建築仕上げの細かな部分で数点是正をお願いしてきました。

写真は玄関ガレージの棚を撮影したものです。凹窓ハウスの玄関は5帖ほどの広さがあり、納戸的にラフに使うことができる場所です。当初は自転車も入れる予定だったので玄関ガレージという名称にしていますが、最終的には雨の日のみの駐車ということになりました。

明日22日には施主検査、25日に引渡し予定です。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-12-21 07:35 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 12月 13日
凹窓ハウス 内装工事中
a0152574_643377.jpg

早朝が大分寒くなってきました。今朝の暖房前の室温は13度、南側窓ガラス9度、北側窓ガラス8度、壁面温度12度でした。9年前に竣工した我が家は室内環境と建築デザインの関係について深く考えるきっかけとなった住宅です。南北面はほぼ全面開口部(窓)。真冬でも日中の陽射しで室温20度まで上がりますが、夜間の開口部からの熱損失が大きく朝型の室温は13度まで下がってしまいます。

次世代省エネ基準と言われ基準の断熱性能ならば室温低下は5度程度、現在私が設計するときの設定性能(次世代省エネ基準より1ランク上に設定)であれば室温定価は3度程度に抑えれるのです。プランや造形デザインだけでなく、住環境もデザインすべき時代なのです。

さて、昨日は凹窓ハウスの現場監理へ行ってきました。凹窓ハウスでは建て主様の希望でトーヨーキッチンを採用しました。トーヨーキッチンの奥行きは750ミリあります。業界標準の650よりも100ミリ大きいのです。
他のキッチンメーカーと比べるとコストが20%くらい高くコストパフォーマンスが良いとは言えませんが存在感はありますね。養生ボードやシートを剝すのが楽しみです。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-12-13 07:04 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 12月 09日
凹窓ハウス 大工工事完了
a0152574_815166.jpg

昨日はまた新たな建て主様とお会いすることができました。まだまだ計画の方向性も定まっていない状態でしたが、計画敷地でお会いして1時間強お話しさせてもらいました。敷地は傾斜地で、計画に当たっての安全確保措置や傾斜を活かした計画などについてご説明しました。ハウスメーカーでの建築も考えておられるとのことでしたので、設計事務所への設計依頼が決まった時点でまたご連絡いただくことなりました。

上記敷地調査及び打合せの後は「町田のナチュラルハウス」の上棟式に出席!!
建て主様、工務店と工事の安全祈願をしてきました。

写真は「凹窓ハウス」の現場状況です。造作家具の設置を終え、ようやく大工工事が完了しました。12月6日の監理では内装業者と仕上げ切り替え場所などの打合せを行いました。1箇所コンセント設置忘れなどを指摘し、現場監督と引渡しまでの工事工程を確認しました。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-12-09 08:40 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 11月 22日
凹窓ハウス 屋外階段設置
a0152574_8231210.jpg

凹窓ハウスの屋外階段が設置されました。内部の大工工事も終盤に入り、内部屋内階段も半分くらい完成していました。次回のブログでは足場が外れた外観をお伝えできるでしょう!!

昨日の監理では、階段周りやキッチン周り、PCカウンター下の納まりなどを打合せして、電気配線の直しが必要な所を2点指示して帰りました。いよいよ、あと1カ月で引渡し、大詰めです!!!

住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-11-22 08:29 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 11月 15日
凹窓ハウス 外壁仕上げ完了
a0152574_7551743.jpg

凹窓ハウスの外壁仕上げが完了しました。この住宅で採用した外壁仕上げはゲーテハウスのユニプラルSLという左官材です。モルタル下塗り後1週間ほどの養生期間を空けて仕上げを行います。仕上げ材を吹付け機で吹付けた後で金ゴテで均しながら模様を作る工法です。

ダークグレーの色合いを相まって昔のモルタル住宅のような風合いになりました。足場撤去が楽しみです。

ここ数カ月の私のブログ、なんともつまらないものとなっていて反省しています。施工中の住宅が4軒、計画中の住宅も4軒という状況をを日々お伝えするだけのものとなってしまい、省エネ関連や講習会情報、テニスのことや子供たちのことなどほとんどお伝えしていない。私という人間を感じてもらえるようなブログにしたいと常々考えていて反省しています。どこかで切り替えなければ。。。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-11-15 08:01 | 凹窓ハウス | Comments(0)
2012年 11月 07日
凹窓ハウス 外壁仕上げ
a0152574_1721469.jpg

今日は「凹窓ハウス」の現場監理へ行ってきました。
内部工事は床フローリング張りが完了して壁の石膏ボード張り中です。これが終わったら天井工事へ移る予定です。

そして今日は外壁仕上げの初日で、外壁仕上げの確認をしてきました。外観の特徴をつくる工程なので建て主様ご夫婦も一緒に確認してもらいました。

凹窓ハウスの外壁は空気層を設けてモルタル下地を作り、その上に仕上げ材を塗るものです。外壁仕上げは第一工程でプライマー塗布、第二工程で仕上げ材を吹付け、第三工程で金ゴテで押えながら模様を作っていくものです。ゲーテハウスのユニプラルSLとう商品名の仕上げ材です。

写真は仕上げ表情を確認するために1m×1mのボードに試し吹きしてもらっているところです。このあと金ゴテで押えて「昔のモルタル住宅の外壁」のような表情の柄に仕上げてもらうこととなりました。吹付けで粒粒になった壁が金ゴテで均すことで別の生き物のように表情が変ります。完成が楽しみです!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-11-07 17:11 | 凹窓ハウス | Comments(4)
2012年 11月 03日
凹窓ハウス 外壁下地完了
a0152574_1854630.jpg

凹窓ハウスの外壁下地と凹窓周り工事が完了しました。

凹窓周りは防火構造を形成した上にウエスタンレッドシダーを張っています。レッドシダーにキシラデコール塗装をして水平ラインを強調し外観の特徴となるよう設計しました。一般外壁はモルタル下地が完了した状態、来週仕上げ工事をする予定です。

あと半月ほどで足場が外れることでしょう。とても楽しみです。

住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-11-03 18:08 | 凹窓ハウス | Comments(0)