カテゴリ:川崎市の賃貸併用住宅計画( 12 )

2013年 03月 11日
オーバーレイハウス 第三期基本設計3
a0152574_727665.jpg

昨日、オーバーレイハウスの打合せを行いました。前回の打合せで出た建て主様のご要望を改善した平面プランを提出。内外イメージパースのご説明をしました。

オーバーレイハウスは約40m2(12坪)の賃貸住宅4戸、3階がオーナー宅という計画です。1階・2階の賃貸部は、ほぼ正方形の貸室をL字型の賃室が囲むような構成。写真はほぼ正方形(実際は5.8m×6.8m)の賃貸室イメージパース。5.8m×6.8mの無柱空間の奥に洗面・浴室(パース右奥)とキッチンを備えます。間仕切り壁や収納はあえて作らず、入居者が可動収納間仕切りで仕切りながら暮らすことができる自由度の高い賃貸住宅です。可動間仕切りによる仕切り方は入居者の暮らし方に応じて4パータンを想定しています。5.8m×6.8mの無柱空間は木造最強工法のSE構法で実現できます。

正方形をL字型が取り囲む構成は単なる閃きではありません。各賃貸室の各室に明るく暖かい陽射しを必要な量取り込むことができる方法を考え自然に生まれたプランです。面積構成がほぼ固まったので、次は銀行ローン相談を行うこととなります。実はこれが今回の計画の最も大きな問題です。。。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-03-11 08:23 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2013年 02月 04日
オーバーレイハウス 第三期基本設計2
a0152574_14241117.jpg

昨日、オーバーレイハウスの第三期基本設計 の打合せを行いました。第一期(ファーストプラン)、第二期(銀行ローン関係で一時中断)を経て、プランを再検討してるのです。銀行ローン関係でオーナー宅面積比率を50%以上として再検討した結果、1階・2階に4戸の賃貸長屋を設け、3階にオーナー宅を設ける形でのご提案となりました。合計5戸の重層長屋という構成になります。

写真は賃貸部の構成を図にしたものです。手前(黒色)は正方形に近い形で床又は天井に段差を設けた賃貸室が上下に重なります。そしてその周りをL型に囲うように奥(赤色)もう一方の賃貸ブロックを配するという形となっています。4戸の賃貸室全てに南からの採光と暖気を得るよう考えた結果生まれた形状です。ダイナミックな空間構成と光りの演出でドラマチックな賃貸住宅にしたいと考えています。もちろんゼロエネも目指します!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-02-04 14:40 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2013年 01月 29日
オーバーレイハウス 第三期基本設計1
a0152574_9465490.jpg

昨日は近くのジョナサンに籠って「オーバーレイハウス」のプラン検討をしていました。タイトルが示すとおり、第三期のプラン検討です。第一期はファーストプラン提案時、その後1年近く経て正式に設計監理契約を結びプランを練り直しました(第二期)。プラン決定後に銀行融資の問題で一次計画中断しておりました。そしてようやく計画再開してもう一度プランを練り直しているのです(第三期)。

第二期プランは東西方向に短冊状に分割したメゾネットタイプ長屋の上にオーナー住居が乗る形態でした。今回の第三期プランはより太陽エネルギーを享受できるようなプラン、1フロア2住戸を積み重ねて4住戸、その上にオーナー住居が乗るという形態になっています。ほぼ正方形の住戸とL型住戸を組み合わせたプランでそれぞれ高低の天井高とロフトを組み込み立体的に楽しい造形空間にするよう考えて今zす。

ゼロエネ賃貸住宅、ドラマのようなアンティークな空間造りなどの特色で入居者を引き寄せます。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-01-29 09:58 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 08月 27日
オーバーレイハウス 融資打合せ2
a0152574_8315524.jpg

昨日はオーバーレイハウスの銀行融資打合せを行いました。
これまで検討してきたプランは賃貸優先でオーナー宅面積はやや手狭なプランとなっていたこと、そして賃貸面積比率が大きいと住宅ローンでは扱えずローン金利が高くなってしまうことから、オーナー宅面積を広げた案に再検討するという方向で大きな方針転換を行う事となりました。

収支検討をした結果、賃貸面積が縮小してもローン金利が下がる事で収入見込み額はあまり変らないことも確認し、自信を持って計画変更をお勧めすることができました。

大きな方針の転換により、全体の計画工程は半年ほど遅れますが、じっくりプラン検討を継続していきます。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-08-27 08:49 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 08月 05日
オーバーレイハウス 融資打合せ
a0152574_8552881.jpg

昨日はオーバーレイハウスの打合せを行いました。打合せのメインは銀行融資です。
オーバーレイハウスは1階と2階が賃貸住宅で3階はオーナー2世帯住宅という賃貸併用住宅です。賃貸併用の場合、賃貸部分の面積が確定しないと銀行融資の審査に進む事が出来ません。未確定でも審査することは可能ですが賃貸部と全体面積が変動すると再審査となってしまうのです。

昨日は私のほうでご紹介した銀行担当者をお連れして審査に必要な書類などのご説明をしました。銀行融資審査はある意味プランよりも重要です。審査が通らないと計画自体を中止しなければいけないということもあるのですから。

写真は3階のオーナー宅南側のルーフバルコニーです。私の設計する住宅には屋外リビングや屋外ダイニングを必ず設置するようにしています。生き方を変え、人生を豊かにしてくれる場所だと思っています。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-08-05 09:04 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 07月 16日
オーバーレイハウス 基本設計打合せ4
a0152574_647172.jpg

オーバーレイハウスの4回目の基本設計打合せを行いました。
今回の打合せでは内外パースを用意しての協議となり、おおよそ平面プランが固まりました。パースは3階オーナー2世帯住宅の室内イメージパースです。パース奥の3枚サッシ外は12帖強のルーフデッキ、サッシ手前のリビングスペースは天井高さ3mという広がりをもっています。

オーバーレイハウスは4戸の賃貸住宅とオーナー2世帯住宅を備える建物です。1階と2階をメゾネット型賃貸、その上に3階オーナー2世帯住宅が乗る構成で建築基準法の分類では長屋になります。4戸の賃貸住宅は大きさもプランも全く違い、それぞれに特色を持たせた賃貸となります。

一番小さなタイプは1フロア8帖弱で3階建てというプラン。他にもスキップフロアタイプや広いバルコニーを有するタイプなどを考えています。賃貸住宅部分は積極的に情報発信していきたいので、今後このブログで1タイプづつ詳細にプラン概要をお伝えしていきます。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-07-16 07:07 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 07月 10日
楽天が低価格の太陽光発電パネル発売
a0152574_923473.jpg

楽天が太陽光パネルを販売することとなりました。特記すべきはその価格です。
国の補助金を差し引いた実質負担額は、2.775kW用パネルの場合で85万3050円、3.33kW用では103万8450円。3.885kWと4.44kWのラインナップもあるそうです。

東京都では1kW当たり10万円の補助金を受けられるので3.33kWのパネルを73万円で設置できるという金額になります。もやは付けた方がよいではなく今すぐ付けるべきという金額になってきました。

このニュースで感じたのは、他メーカーのパネル減額速度が速まる可能性が高いことです。太陽光パネルの設置費として私が感じている3kw補助金無しでで60万円という終着点が見えてきたような気がします。

住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-07-10 09:15 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 05月 27日
レイヤーハウス 契約後の打合せ3
a0152574_557977.jpg

昨日は長男と次男の運動会があり、朝の場所取りから運動会見学、そして運動会後にはレイヤーハウス打合せがありました。運動会は早目に切り上げ、打合せの準備をしているとPCがフリーズしていまい1時間かけて作成していた図面データーが失われてしまいました。PCに望むのは動作の安定、これだけです。

PCフリーズのショックから気を取り直して準備した図面でレイヤーハウスの打合せをしてきました。写真はファーストプランのときに提出したオーナー宅部分の内観パースです。二期計画でもこのパースの雰囲気を残しつつ二世帯住宅として計画してゆくことになっています。

レイヤーハウスの1階、2階は4戸の賃貸長屋になる予定です。賃貸部分の仕様などは積極的にこのブログで紹介していきますのでお楽しみに!!

次回打合せは提案プランを完成させ模型かパースを準備してから行う予定です。

住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-05-27 06:05 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 05月 23日
レイヤーハウス プラン再検討!!
a0152574_8204315.jpg

昨日はレイヤーハウスを中心に住宅・賃貸住宅のプラン検討を行いました。朝9時過ぎから13時くらいまで、
武蔵中原駅にあるジョナサンでゆっくりと検討。プラン検討の進捗という意味では実り多き時間でした。

レイヤーハウスは3階オーナー宅の南側に直接出入りできる南側ルーフバルコニーを設けたいとのご希望を満たす案を実現できました。実は南側ルーフバルコニー案はファーストプランのときに私から提案してもので、この案を気に入ってくれていた建て主様が二世帯になってもこのバルコニーが欲しいというご希望が出たのです。屋内リビングやダイニングと直結した屋外リビングや屋外ダイニングをセットで考えるという私の設計理念にも通じる部分ですので、なにがなんでも実現して上げたかったご要望でした。

レイヤーハウスはある程度目途がたってきたので次回打合せに間に合いそうです。

他2軒のプラン検討も、より暮らしやすく、より気持ち良い空間となるよう細部の調整検討を行いました。
さ~今日も頑張りましょう!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-05-23 08:28 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)
2012年 04月 30日
レイヤーハウス 契約後の打合せ1
a0152574_6323687.jpg

昨日、レイヤーハウスの契約後初打合せを行いました。ゴールデンウィークも今のところ休み無しですわ~
休み無しといっても私の場合は時々子供と遊んだりテニスしたりしてますけどね。

さて、レイヤーハウスです。写真は昨年のファーストプランで作成した断面室内パースですのでこのパースからは随分とプランが変りました。まだまだ骨格が完成したレベルですがファーストプランよりも外部デザインのレベルを上げました。

昨日の打合せでは3階のオーナー宅ボリュームを確認していただきました。ファーストプラン時には1世帯のオーナー宅だったものが2期計画では2世帯オーナー宅となったことから1世帯ごとの面積は当然減少、それぞれの世帯の部屋の大きさをご説明して、大きな空間という訳にはいきませんが上手に計画すれば狭さを感じること無く住みこなせそうだということを確認いただきました。

細部の検討を進めて次回打合せまでに内外パースなどを作成していきます!!

住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2012-04-30 06:40 | 川崎市の賃貸併用住宅計画 | Comments(0)