カテゴリ:世田谷区代田計画( 28 )

2013年 06月 17日
記憶が繋ぐ集住ハウス 満室になりました!!
a0152574_9365810.jpg

昨日、とてもうれしいご連絡をいただきました。
5月2日にお引渡しした「記憶が繋ぐ集住ハウス(築45年の木造アパートリノベーション計画)」が満室になったと建て主様から電話をいただいたのです。不動産広告を出したのがゴールデンウィーク前だったので、広告を出してから1ヶ月半で満室になりました。賃貸市場としては動きの少ないこの時期に短期間で満室になったのは、この賃貸住宅の魅力に共感してくれた方々が沢山いたということでしょう。

建て主様のお話では、内覧でいらした方々は部屋に入った瞬間に感嘆の声を上げて即決してくれる人が多かったそうです。建て主様ならびに賃貸入居人の方々に喜んでもらえる仕事ができたことがとてもうれしいです!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-06-17 09:46 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 05月 24日
記憶が繋ぐ集住ハウス 完成慰労会
a0152574_723467.jpg

昨晩、築45年の木造アパートリノベーション計画(記憶が繋ぐ集住ハウス)の建て主様が完成慰労会開いてくれ、八王子にある「とうふ屋うかい 大和田店」へ出掛けてきました。

美味しい料理をいただきながら工事中の出来ごとなどに花が咲いていた時、グッドタイミングで嬉しい連絡!!
建て主様の奥様から建て主様へメール連絡があり、第一号の賃貸契約が決まったとのご連絡でした。さらにお二人目の仮申し込みも入っているとのこと、とても嬉しいお知らせです!!

建物の魅力を上手く伝えていない普通の紹介ページですが、不動産屋の物件紹介ページです。
http://www.urban-f.com/frameset_rent.htm
第一号の賃貸人様は部屋を内覧して「ん~良い!!」、「これ、これ」を連呼していたそうです。建物の魅力を共有する価値観を持った方に住んでもらえるというのは嬉しいね~
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-05-24 07:19 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 05月 21日
記憶が繋ぐ集住ハウス 竣工写真が届きました
a0152574_8445157.jpg

築45年の木造アパートリノベーション計画(記憶が繋ぐ集住ハウス)の竣工写真データーが届きました。

やはり壁が斜めになっていない写真は良いですね~
自分で撮影したデーターを写真加工で処理することも出来ますが、カメラマンさんの撮影した写真はやはり違います。ルーフライトハウスの竣工写真もホームページにUPしてないんだよな。今日は「横浜マンションリフォーム」と「町田のナチュラルハウス」、2軒の竣工写真撮影の立ち会いです。晴れて良かった!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-05-21 08:48 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 05月 15日
記憶が繋ぐ集住ハウス 竣工写真撮影
a0152574_623187.jpg

小笠原から帰って早々ですが、昨日は築45年の木造アパートリモデル計画(記憶が繋ぐ集住ハウス)の竣工写真撮影を行いました。(この写真は私が撮影したものです)

撮影してくれたカメラマンとお話していると、宮脇檀さんと知り合いで50歳超えた宮脇さんがバリバリ設計活動していた頃にご自宅の設計依頼をして15年間住んでいたそうなのです。学生時代からの知り合いとのことでお住いになっていた住宅のことだけでなく宮脇さんの人柄などもお聞きすることができ楽しかったです。

写真が届いたらフェイスブックなどにUPしていきますのでお楽しみに。まだルーフライトハウスの写真もUPしてないんだよな~
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-05-15 06:33 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 05月 02日
記憶が繋ぐ集住ハウス 引渡し
a0152574_962598.jpg

記憶が繋ぐ集住ハウス(築45年の木造アパートリノベーション計画)の工事が完了し、施主検査と引渡しを行いました。計画スタートから1年3カ月、建て替えやシェアハウス化などを模索し最終的には区割り変更なしでのリノベーションとして完成した賃貸住宅です。

柱や梁m木製引き違い戸など残せるものは残しながら、昭和の雰囲気が漂うどこか懐かしいアパートになりました。写真のような雰囲気の部屋が好きな人なら一目見たら入居を決めてもらえるような賃貸住宅になりました。
ゴールデンウィーク明けにはカメラマンを入れて竣工写真を撮影する予定なので、写真UPしたらまたお知らせします!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-05-02 09:16 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 04月 20日
記憶が繋ぐ集住ハウス 足場撤去・外構工事
a0152574_8415969.jpg

昨日、築45年の木造アパートリノベーション計画「記憶が繋ぐ集住ハウス」の現場監理へ行ってきました。足場が撤去され、計画時のパース通りの外観に仕上がっておりました。設計時の細かな寸法調整、構造補強計画、断熱改修、仕上げ材料や品番、色柄の選定など、設計時点から現場監理までの様々な出来ごとが頭に思い浮かび感無量の思いです。

工事は外構工事の真っただ中、鉄骨廊下と階段の設置が完了し、駐車場やアプローチ部の工事、さらに隣地境界の目隠し塀などの工事を進めています。今月末に工事終了、5月初旬に検査と手直し工事を行い、5月12日には引越しできる状況となりました。

また現場監理後には建て主様に「あきる野市」にある「黒茶屋」という日本料理店へ招待いただきとてもとても美味しいお昼ご飯をいただきました。この店は古民家を移築した料理店で、その建物群は感動の一言では言い表せないものでしたので別の機会にこのブログで紹介いたします。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-04-20 08:51 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 04月 15日
昭和の雰囲気が漂うレトロなアパート
a0152574_7135534.jpg

東京都世田谷区代田で建築中の築45年の木造アパートリノベーション計画、「記憶が繋ぐ集住ハウス」の不動産広告補足資料を作成しました。不動産屋の作成する資料は家賃と実面積や設備機器、お風呂は2点式か3点式か、オートロックはあるかなどの一般的な情報だけなので、この物件の魅力を伝える資料は建て主側で用意しなければいけません。

今回は建て主の視点で物件の魅力を伝え、客観的な意見として内装工事を施工してくれた左官職人さんの言葉を引用させてもらいました。昭和建築に魅力を感じる多くの方々に見ていただきたいと願っています。今月末には内覧できるようになりますのでご興味あるかたはメールを送ってください。
info@mori-ken.com
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-04-15 07:15 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 03月 29日
手づくり感のある家づくり
a0152574_8443699.jpg

工事中の現場監理3軒と明日から着工するリフォーム工事1軒、設計中4軒という多忙な状態が続いております。そのかなで「町田のナチュラルハウス」は一昨日引渡しを終え、昨日無事引越しされました。まだ外構工事が残っていますので現場へはあと数回行く事になりますが建物本体は工事完了することができました。10年後、20年後に森建築設計へ依頼して良かったと感じていただけるような建物を、ひとつひとつ心を込めて設計監理させていただいています!!

写真は「記憶が繋ぐ集住ハウス」の内壁仕上げです。仕上げ材はスイス漆喰(カルクウォール)で、自然なコテ跡を残しながら仕上げてもらいました。手づくり感のある、思わず触ってみたくなるような壁になったと思います。この建物は古柱や古建具を使うなど思わず触れてみたくなるような場所が随所にあります。人は触れることで愛着が湧くという心理もあると思うので、愛着を持って住んでいただくためにも大切な事ではないでしょうか。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-03-29 09:00 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 03月 24日
記憶が繋ぐ集住ハウス 内壁左官仕上げ進行中
a0152574_1035462.jpg

昨日、「記憶が繋ぐ集住ハウス(世田谷代田計画)」の現場監理へ行ってきました。
スイス漆喰、カルクウォールの仕上げ工事が80%程度終了。2階各室の乾燥後の壁柄を確認してきました。手造り感をよく感じる美し~いコテ柄で仕上がっておりました。この壁を見ただけで入居したくなる人もいる事でしょう!!

写真はそのカルクウォールをバックに手間の既存柱を撮影した写真です。柱の欠き込み部分を埋め木し色合わせで着色したものです。柱をよく見ると、建設当時の削り跡がそのまま残っていて、思わず手を当て、建設当時の粋な仕事や45年間いろんな人が住み繋いできた記憶のようなものを感じることができます。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-03-24 10:47 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)
2013年 03月 14日
記憶が繋ぐ集住ハウス 内壁左官パターン確認
a0152574_9465750.jpg

昨日は築45年の木造アパート リノベーション「記憶が繋ぐ集住ハウス」の現場監理へ行ってきました。外周りはモルタル下地の通気ラス張り中、内部は左官仕上げ工事中という状況です。左官仕上げは一昨日までに養生と目地処理などが完了、昨日早朝に仕上げパターンを確認して決定しました。

内装仕上げはスイス漆喰「カルクウォール」コテ塗りです。自然素材で調湿効果などもあり、表面強度が硬いので賃貸住宅としても適していると考え使用しました。使い込むと風合いが増す仕上げ材なので、昭和の木造住宅の雰囲気を持つこの計画に相応しいでしょう。このカルクウォールを壁は若干パターンを付けて、天井はフラットに塗っていくこととしました。

写真は職人さんに試し塗りいてもらっているところです。職人さんと会話しながら3種類塗ってもらいイメージに近づけてパターン決定しました。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-03-14 09:57 | 世田谷区代田計画 | Comments(0)