カテゴリ:築100年の古民家再生( 46 )

2017年 10月 09日
築100年の古民家再生
今日も長らく放置していたホームページの更新情報をお知らせします。
母屋の最も古い部分は100年前に建築された民家の大規模リノベーションです。
a0152574_08594155.jpg
最初にご紹介する写真は母屋と趣味室に挟まれた場所です。左側が母屋のダイニングキッチン、右側は奥様の趣味室になります。
もともとは倉庫だった部分ですが屋根を掛けなおして第二リビングとして設計しました。といっても断熱などは一切なし、引き戸も既存建具の再利用なので冬はかなり寒い。夏季と中間期限定で使うという贅沢な場所です。
a0152574_08592721.jpg
2枚目の写真はダイニングキッチンです。窓外側が先ほどご紹介した第二リビングです。
キッチン背面の食器棚には既存建具を再利用し、キッチンはオリジナルキッチンです。雰囲気ピッタリでしょう?
a0152574_09000496.jpg
3枚目の写真は奥様の趣味室です。柱と梁を表しとして丸太梁の存在感を引き出しました。右側の引き戸はこれも既存再利用の扉で、第二リビングからも直接出入りできるようになっています。
a0152574_08595272.jpg
最後に紹介するのは母屋の居間です。ダイニングキッチンとは廊下を隔てた位置にあります。もともと平だった天井を取り払い、梁を表しにして高窓を設けました。連続する商事から入る柔らかな光と高窓から部屋の奥深くまで差し込む光がとても美しい。障子の柔らか光は感動を覚えます。

改修前後の温熱性能とエネルギー性能の試算値です。

・熱損失係数 Q値6.82W/m2K→→→Q値2.39W/m2K

・夏季日射取得係数 μ値0.16→→→μ値0.06
・エネルギー性能 115GJ→→→76GJ
・母屋部分の年間光熱費 360000円→→→160000円

・母屋の改修部分 延床面積 161.07m2

下のアドレスに多くの竣工写真を掲載していますので是非ご覧ください。
http://moriken.p1.bindsite.jp/news/201103.html

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】



by morikentiku-mori | 2017-10-09 09:32 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2016年 10月 12日
料理するのが楽しくなる素敵なキッチン10選
a0152574_11383063.jpg
築100年の古民家再生プロジェクトのダイニングキッチンを建築紹介サイトhomifyで「料理するのが楽しくなる素敵なキッチン10選」として紹介してくれています。
今回は料理が楽しくなるキッチンの特集記事で紹介してくれましたが、このキッチンは日本的な雰囲気が好まれるようで同サイトの海外サイトでも何度も紹介されています。それぞれ紹介分が添えられているのですがアラビア語で紹介されたときにはなんだか不思議な感じでした。
下のページで10選に選ばれた他の楽しいキッチンもご覧いただけます。お時間あるときに覗いてみてはいかがでしょうか。
「料理するのが楽しくなる素敵なキッチン10選」

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-10-12 11:48 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 08月 25日
築100年の古民家再生キッチンがトルコサイトに登場
a0152574_924571.jpg

築100年の古民家再生プロジェクトのキッチンがhomifyのトルコ版サイトで紹介されました。
https://www.homify.com.tr/yeni_fikirler/40816/birbirinden-oezel-10-farkli-mutfak-dolabi

色とりどり、日ごろ見慣れたキッチンとは全く違う特徴のある海外のキッチンが並ぶなか、私が手掛けた「築100年の古民家再生」のキッチンが紹介されています。日本的なスタイルに魅力を感じて掲載してくれたのでしょう。紹介文はもちろん日本語ではないのでどのように紹介されたのかはよくわかりません(笑)。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-08-25 09:29 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 04月 21日
築100年の古民家再生 竣工後訪問
a0152574_1115479.jpg

昨日は「築100年の古民家再生」プロジェクトの引っ越し後初めて訪問させていただきました。
引っ越し後3週間ほど暮らしてみてのご感想や改善したいことなどをお聞きしたり、若干残っていた残工事の確認をしました。将来の車いす対応として玄関ポーチへのスロープ設置と小動物の侵入防止方法など会話させていただきました。

まず第一に言いたいのは、玄関に入った瞬間になんとも居心地のよい雰囲気の古民家になったということを実感したことです。玄関に入ると古い建具を再利用した木製ガラス戸を通しキッチンに立つ奥様のお顔が見えます。ほどなく出迎えてくれた奥様に続きダイニングキッチンに入ると、お引渡しの時には無かった家具や小物が配置された空間は昔からそこにあったような錯覚を覚えます。古柱と曲がり梁、電球色の照明に照らされた部屋が柔らかく体を包んでくれているようです。季節は中間期ということもありますが、体にまったく負荷を感じない温熱環境にもなっていました。

写真は帰りにいただいたタケノコです。敷地内の竹林で取れたばかりの新鮮なタケノコです。
スーパーでは購入できない取れたてのタケノコは昨晩「筍ごはん」にしていただきました。そして貴重な旬の味覚をとても美味しくいただきました。美味しい物は子供もよく食べるんですよね。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-04-21 11:33 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 03月 23日
築100年の古民家再生 お施主さんと床塗装
a0152574_9334545.jpg

昨日は「築100年の古民家再生」プロジェクトの床塗装を行いました。コスト調整のため素人でも塗装可能な床塗装は施主工事としました。そこで昨日は朝からお施主さんと一緒に床塗装をしたのです。塗料はオスモ フロアクリアーラビット(艶消し)です。この塗料は乾くと塗ったかどうか分からないほどの表情になるので素人でも問題なく塗装可能です。とはいえ塗装面積が165m2もあり一苦労しましたが一日で塗り終えることができました。
塗装している最中にお施主様のご友人家族が二組来訪され、そのつど建て主様が家の中を案内され、改装前の状態をご存知のご友人は「ま~なんという事でしょう!!」の言葉を連発しておりました。設計監理した私自身でも仕上げ後には「お~いいね~」という感嘆の言葉を幾度となくつぶやくほどなので工事中をしらないご友人はさぞ驚かれたことでしょう。

写真は趣味室の完成後になります。右壁には鏡と手摺が設置され大きな部屋のように感じますが実際は7帖程度しかありません。上部の梁が鏡にも映り込みその存在感が家の歴史を感じさせてくれます。
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-03-23 09:54 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 03月 17日
築100年の古民家再生 天井が語る
a0152574_130264.jpg

私の幼少期、母方の田舎が山形にありました。農業を営みながら紙すきなどしていたその田舎の住宅は築200年という古民家でした。玄関を入ると大きな土の土間があり、土間から一段上がった囲炉裏のあるスペース、そして奥に寝室という典型的な田の字民家です。屋根はその地域でも少なくなった茅葺屋根で便所は別棟に設けられていたので雪の日でも一度外へ出なくてはいけないという古民家です。

幼稚園の年少さんの年齢になった私は土間の漆黒の小屋裏が恐ろしくて中に入るのを嫌がったそうです。昔の民家は板の間に上には天井は張っていても土間の上には天井を張らず高い小屋裏がそのまま現しとなっていたものです。100年も経つと囲炉裏の煤が小屋裏にこびりつき、どこまでが天井が判別できないほどの漆黒の世界が広がってきます。梁や屋根垂木にこびりついた煤が消臭や防虫効果を発揮していたとも言われていますが、幼い子供にとっては恐ろしく感じたのでしょう。

この山形の民家の記憶は私の心に深く刻まれ現在の古民家の仕事に繋がっています。写真は「築100年の古民家再生」プロジェクトの寝室天井です。天井に濃茶の和紙を張り照明で柔らかく照らしすようデザインしました。宙に走る梁とともに自分の幼いころの記憶を思い出させてくれました。今週末には建て主様と一緒に床フローリングのクリア塗装を行い今月末にお引越し予定です。

【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-03-17 13:16 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 03月 10日
築100年の古民家再生 モルタル洗い出し床
a0152574_1381879.jpg

写真は「築100年の古民家再生」プロジェクトの玄関床です。
モルタル洗い出しという昔からある仕上げ材で、モルタルを塗った後に表面を水で洗い流して石の粒を表す仕上げ工法です。このプロジェクトでは黒い石を使って和風にしていますが、茶色い石を使えば洋風的な印象にもなります。タイル張りのような目地がなく大きな面になるので好んで使っています。タイルと比べると施工費も安いですし。

築100年の古民家再生プロジェクトは母屋の工事が終了して、別棟の趣味室の工事を行っているところです。もう少しで完成写真をお見せできそうです。
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-03-10 13:14 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 03月 03日
築100年の古民家再生 省エネ補助金報告書
a0152574_11473698.jpg

昨日は「築100年の古民家再生」プロジェクトの省エネ補助金報告書を作成して発送しました。
このような公金を支出する補助金事業は膨大な資料提出が求められます。この補助金事業でも多くの書類と施工前・施工中・施工後の写真、補助金に関連する納品書や出荷照明証などの提出が必要でした。

提出資料だけで相当な労力だ、もうちょっと簡略化でないものだろうか。資料を作りながら国家運営、税金の使い方などの思いをめぐらしました。
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-03-03 11:55 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 02月 25日
築100年の古民家再生 足場外し
a0152574_7171880.jpg

築100年の古民家再生プロジェクトの外部足場が撤去されました。
設計時の完成予想パースそのままの姿が現れました!!

2階の安価な金属板張りは既存板を活かしながら部分的に形状の同じ板を張って白色に塗装したものです。
1階は黒色の木目調サイディングを縦張りすることでシーリング目地がなく工業製品っぽさを消しています。
限られた予算の中で1階の黒と2階の白色でコントラストを付けたデザインとしたのです。

悩んだのは雨樋の色です。1階の黒色に合わせるか、2階の白壁部分に合わせるのか、それとも各所で色を変えるのか。色を変えるとしても軒樋と縦樋で色が変わり逆におかしくなりそうだったので、悩んだ末にグレー1色で施工してもらいました。予想通り、1階の黒壁、2階の白壁、銀鼠色の屋根、シルバー色の屋根、どの場所も違和感なく溶け込んでいました。
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-02-25 07:25 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)
2015年 02月 18日
築100年の古民家再生 外装仕上げ
a0152574_891837.jpg

昨日は「築100年の古民家再生」プロジェクトの現場監理へ行ってきました。母屋の内部は大工工事が完了し塗装工事及び仕上げ工事が始まります。また外装工事は雨樋を設置中で雨樋取付が完了したら足場を外すことになります。

昨日は指摘事項等は特になく、塗装箇所の最終確認や外部の立水栓位置の確認、主寝室照明スイッチ1ヶ所を調光スイッチとするよう指示を行いました。完成が近くなりワクワクしています!!
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-02-18 08:14 | 築100年の古民家再生 | Comments(0)