カテゴリ:横須賀の家( 22 )

2014年 07月 22日
横須賀の家 竣工後点検
a0152574_9221387.jpg昨日は「横須賀の家」の竣工後点検へ行ってきました。この住宅は横須賀在住の女性建築士との共同設計で竣工した住宅です。二人のコラボレーションとして初めて完成した住宅。熟成された味わい深い空間作りをめざす「HAMU」ブランドとして今後も活動していきます。

昨日は入居後に目に付いた箇所の確認や対応方法などを確認にいきました。多くの箇所は建築場所の近くに住む女性建築士が対応してくれていたので、昨日は工事中に着いた階段踏板の傷の補修方法を協議し、あとはお茶をいただきながら入居後1か月の住み心地などお聞きしました。8月には温湿度測定をさせていただくようお願いし快諾いただきました。

写真は現場の近くの海水浴場です。私が打合せをしているあいだ子供2人と家内で水遊びしていた風景です。打合せ後私も合流して一緒に遊ぶ予定でしたが昨日は肌寒く私が合流した時には「寒いから帰る~」とのことでシャワーを浴びさせて帰宅しました。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-07-22 09:31 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 05月 30日
横須賀の家 お引き渡し
a0152574_8371378.jpg

昨日、「横須賀の家」のお引渡しをしました。朝から大工さんに手伝ってもらって冷蔵後と箪笥を運び込み、取扱い説明をしてお引渡ししました。本格的な引っ越しは後日行うとのことでしたが設計開始から丸1年での完成です。窓から海が見えるのはいいものです。とても風通しがよく波の音に癒される家になりました。建て主様も本当に喜んでいただき1年間頑張ってきた努力が報われました。

この住宅は横須賀在住の女性建築士との共同設計で立ち上げた新ブランド「HAMU」の実施第一弾となった住宅です。古い家具や備品、古い建具などに魅力を感じる方々の為にお役に立ちたいとの思いから、どこか懐かしいシャビーな空間作りをしています。HAMUは両者の名字の頭文字であり、ハムのように熟成された味わい深さ、そんな空間を作りたいとの思いから名付けたブランド名です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-05-30 08:50 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 05月 22日
横須賀の家 完了検査
a0152574_7475679.jpg

昨日は「横須賀の家」の検査機関完了検査を行い、特に指摘事項なしで終了しました。
内外工事もほぼ終了、残工事は内部の床塗装と外部土間コン打ちのみとなりました。指摘事項としてはドア戸当りの設置4か所、内壁メルシーライト(EM珪藻土)の若干の補修程度です。

29日が引き渡し予定となっておりますが問題なくお引渡しできそうです。写真は木板張り方向から撮影した外観写真です。バルコニーの設置・塗装も完了しカッコ可愛い雰囲気をビシバシ出しています。木板張り壁左に間違って設置されていた雨樋の位置是正が完了したことで木板とバルコニーの連続性が出ました。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-05-22 07:58 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 05月 11日
横須賀の家 内壁左官工事開始
a0152574_12494711.jpg

一昨日は「横須賀の家」の現場監理へ行ってきました。外壁の足場が撤去され可愛らしい外観が露わになっていました。杉板外壁から伸びるように設置されたバルコニー梁が杉板と同色に塗装され伸びやかな印象が加わったように感じます。「かっこ可愛いい」家になりました。

内部工事は大工工事が完了して仕上げ工事中です。一昨日から内壁珪藻土塗りを開始しました。この家の珪藻土は初採用したEMMAXの「メルシーライト」です。一般的な珪藻土は中性でカビの生えやすい性質があります。メルシーライトは珪藻土にEM菌と漆喰を加えることで若干アルカリ性となり一般珪藻土よりはカビが生えにくい性質になってます。

職人さんは「塗りにくな~、一発で仕上げないと変色する材料みたいだから難しいよ」と言いながらも綺麗に塗ってくれていました。職人さんありがとう!!
そんな職人さんたちの努力で家が作られています。
内部は「レトロ可愛い」感じかな。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-05-11 12:50 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 04月 19日
横須賀の家 外壁仕上げ完了
a0152574_8145427.jpg

昨日「横須賀の家」の現場監理へ行ってきました。この住宅は横須賀在住の女性建築士との共同設計で、熟成された味わいを感じる空間を目指す「HAMU」ブランドとして設計監理している住宅です。

現場は内部大工工事が90%完了といったところでしょうか。間仕切りやドア枠が設置され住宅の空間的な雰囲気がよく分かる状態となってきました。外部仕上げはモルタル部のマジックコート仕上げと木部のウッドコート塗装が完了し、可愛らしい姿で控えめに主張している感じに仕上がっておりました。想定通りです。
写真木部の左側にバルコニーが完成すると、もうすこしシャープな印象も与えてくれることでしょう。完成が楽しみです。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-04-19 08:21 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 03月 19日
横須賀の家 断熱検査
a0152574_1251282.jpg

昨日は「横須賀の家」の断熱検査へ行ってきました。断熱検査ってあまり聞きなれない検査ですよね。現場での設計監理なのですが、森建築設計では断熱材の施設が終了した時点で断熱と気密の確保ができているかどうかを確認しており「断熱検査」と呼んでいます。その他、構造金物完了後の構造検査、外壁防水紙終了後の防水検査などもいつも行っています。

上記三点は下地ボードや仕上げをしてしまうと見えなくなってしまうので工事中の確認が特に重要です。施工業者には工事着工前に3点の確認は必ず行うので、ボード等で隠れてしまう前に検査できるように日程調整してもらっているのです。

さて、昨日の断熱検査、断熱材施設前に工事要領と断熱材施設後の他住宅の写真を送り、いい加減な工事をしたら断熱材全部入れ替えてもらうよと脅していただけあって、みっちり綺麗に施設されていました。といっても小さな指摘事項は数点ありました。菅柱部分で防湿シートが連続していない部分の気密テープ張りや、下屋下の断熱材が垂れ下がっていたので天井野縁レベルで入れ直し、窓回りの隙間に硬質ウレタンフォームを吹いてもらうどの指摘いたしました。

写真左壁をご覧ください。森建築設計では極力外壁側にはコンセントやスイッチは設けないようにしています。コンセント・スイッチBOXが断熱不要や気密不良となることが多いからです。どうしても外壁側に入れなければいかない面については写真のように垂木で中空層を作って断熱材を切り込まなくてもコンセントやスイッチを設置できるようにしています。BOX裏に断熱材を詰め込んだり気密テープ止めするよりもずっと工事が楽で確実に断熱・気密できます。

指摘事項の是正が完了したらフローリングやボード張り工事を進めていき、あと1月ほどで大工工事が完了するでしょう。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-03-19 13:04 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 02月 25日
横須賀の家 中間検査
a0152574_838029.jpg

昨日は「横須賀の家」の中間検査でした。木造住宅の中間検査は耐震壁の金物や合板の設置状況を確認する工程です。検査機関の中間検査と10年の瑕疵保証検査は問題なく完了しました。

設計事務所検査では釘間隔不良部への釘増し打ち、釘めり込み部の釘増し打ち、屋根の母屋束固定、壁が斜めに交わる部分の梁補強などの是正を行うよう指示いたしました。サッシも現場に搬入されており、サッシを設置して透湿防水紙を張り付ければ屋内への雨水侵入が防げ安心できます。今週末にはその段階まで完了することでしょう。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-02-25 08:46 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 02月 11日
横須賀の家 上棟!!
a0152574_9334736.jpg

昨日、「横須賀の家」の上棟を行いました。8日に上棟する予定だったのですが大雪のため昨日に延期したものです。事務所周辺の残雪状況から高速道路の通行止めなんて思いもしていなかったのですが、昨日の横浜横須賀道路は逗子から先が通行止めで、逗子インターから現場までは下道を使って向かいました。普通なら1時間弱で着くものが昨日は片道2時間半もかかりましたが上棟現場を確認することができました。

私が着いた時には屋根野地板張りしている最中で、夕方4時半には屋根防水紙まで張って上棟終了。柱の引き寄せ金物や床下地合板の釘打ちまで終了するという見事な上棟でありました。

「横須賀の家」の構造材は月が欠けていく期間にだけ伐採(月齢伐採)し天然乾燥させている「天竜T.S.」材を使用しています。灯油などを使用する人口乾燥と比較すると消費エネルギーが格段に小さく、腐れも少ない、木材履歴(トレーサビリティ)もしっかりしている材です。詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.ts-dry.com/hagarashi.html#04
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-02-11 09:34 | 横須賀の家 | Comments(0)
2014年 01月 17日
横須賀の家 配筋検査
a0152574_19433282.jpg

今日は「横須賀の家」の配筋検査を行ってきました。小笠原へ1週間の出張に出ていたため、地鎮祭とやり方確認は共同設計している建築士に確認してもらっていたので敷地の中の建物配置全貌を見るのは今日が初めて。とても可愛らしい規模の住宅です。

配筋検査の指摘事項は開口部下の補強筋を伸ばしてもらうという1点のみでした。コンクリートかぶり厚の確保など施工前に打合せしていたのでほぼ完璧。10年の瑕疵保証検査も問題なく完了して、明日ベースコンクリート打ち、20日に立ち上がりコンクリート打ちを行う予定です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-01-17 19:50 | 横須賀の家 | Comments(0)
2013年 12月 28日
横須賀の家 地盤高さ設定
a0152574_18265742.jpg

今日は「横須賀の家」の地盤高さ設定と着工前の打合せを行いました。
いよいよ年末です。多くの会社は昨日で仕事納め、施工会社では今日が仕事納めという会社が多いのでしょう。森建築設計は明日「築100年の古民家再生」打合せとリフォーム相談の2件の打合せ予定があり明日で仕事納めとなります。

地盤高さ設定は道路にあるマンホールなど工事中動かない目印を基準に設計地盤高さを決定する作業です。今日は横須賀の家の地盤高さ設定をしてきたのですが、地盤高さ設定はとても重要な工程です。特に敷地や道路に高低差がある場合は特に重要です。周辺敷地との関係や道路との高低差の関係を考えながら、さらに確認申請上の高さに問題ないことも考慮して決定しなくてはいけません。横須賀の家では道路高低差が1.2mあり、完成後に問題が出ないよう高さ設定をしてきました。

さて今日もあと一頑張り、明日の打合せ資料を作成しなくては!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-12-28 18:26 | 横須賀の家 | Comments(0)