カテゴリ:横浜市 築50年の古民家再生( 9 )

2014年 03月 21日
築50年の古民家再生 助成事業に採択される
a0152574_9404619.jpg

長期優良住宅リフォーム推進事業という国土交通省おお事業があります。今年から始まった事業で既存住宅の耐震・断熱化を推進するために最大100万円を助成するというものです。応募の中から工事の重要度や実効性などを審査して補助工事を採択するのです。

計画中の「築50年の古民家再生計画」について助成事業へ応募したところ、昨日、国土交通省から採択通知書が届きました。助成金額は調整されて100万円から80万円へと減額されていましたが、建て主様にとって大きな後押しとなるでしょう。新築住宅でも長期優良住宅助成事業がありますが、新築の助成事業は長期優良住宅認定を取得しなくてはいけないので金銭的には建て主様へのメリットはあまりありません。リフォーム版長期優良住宅推進事業は認定を取得する必要ながいので、純粋に耐震や断熱補強にかかった工事費に充てることができるのでメリットが非常に大きいのです。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-03-21 09:41 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2014年 02月 28日
築50年の古民家再生 補助金応募
a0152574_7441270.jpg

昨日は、横浜の「築50年の古民家再生計画」の補助金応募書類を作成、送付しました。
既存住宅の耐震性向上と省エネ性向上をを推進するためリフォーム工事に最大100万円を助成するという国の事業です。事業名称は「長期優良住宅化リフォーム推進事業」です。応募案のなかからより有効性の高い事業を選び国土交通省が事業の採択を決定します。

補助対象となる事業条件は、①工事前の建物診断(インスペクション)の実施、②劣化対策・耐震性・省エネルギー対策・維持管理の性能を基準以上に高めること、この2点のみです。長期優良住宅認定を取得する必要が無いため、他の長期優良住宅補助金と比べればより消費者の立場に立った良い事業と言えます。

採択決定は3月中旬の予定です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-02-28 07:58 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 12月 24日
昔家を愉しむ
a0152574_834646.jpg
チルチンびと 2013夏76号を購入した。「築60年の古民家再生プロジェクト」の建て主様がご自分のイメージとして提示された写真があったのでインテリアイメージの参考に購入したものだ。上の写真がそのイメージ写真。

ん~「ちょっと古民家的すぎるな~」もう少し洋館的な雰囲気が入っていたほうが今回のプロジェクトには似合いそうだ。

「チルチンびと」とはどのような意味だろう?
誌面目次にその意味が記載されていたので転記しよう。「アメリカ・アリゾナ州に住居するナバホ族の地名からもらった。”チルチン”とは、食用や薬用になる小さな赤い実を付ける植物、ビは接続詞、”ト”は水を意味する。大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、ナバホの人々のゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。」
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-12-24 08:34 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 12月 16日
築60年の古民家再生 プラン詳細打合せ
a0152574_7203928.jpg

昨日は、「築60年の古民家再生プロジェクト」のプラン詳細打合せを行いました。設計中の2軒の古民家再生プロジェクトのうちの1軒です。

昨日の打ち合わせではカウンター高さやカウンターからダイニングテーブルまでの距離、キッチン作業スペース幅、食器棚幅など、通路や収納広さなどの確認を行いました。写真はキッチンとダイニングの間に扉を入れるかどうかを検討するために作成した室内パースです。左は完全オープン、右は左右に小壁を設けて両引き戸で仕切ることのできるものです。打合せの結果、小壁無し、3枚引き戸を設けるということとなりました。

また室内インテリアはパースよりも古民家色の強いものにしたいとのご要望があり、今後パースなどを作成しながら確認いただくこととなりました。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-12-16 07:37 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 11月 25日
築60年の古民家再生 プラン確認打合せ
a0152574_22275164.jpg

昨日は「築60年の古民家再生プロジェクト」打合せを行いました。前回のお打合せで提示した平面プランや室内パースを検討いただき、細かな修正点や希望事項を挙げていただきました。これらの修正点を微調整していけば平面プランはほぼ固まりそうです。

また昨日は建築仕様や設備仕様のリストを提出しました。次回打合せでは施工費グレード別に使用リストを3種ほどご提案させていただき、ご予算も考慮しながら仕様選定を進めていく方針です。来年1月末くらいには基本設計終えられるかな~という進行状況です。まだまだ楽しい検討の時間が続きます。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-11-25 22:29 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 10月 31日
築60年の古民家再生 プラン打合せ
a0152574_15362091.jpg

昨日は「築60年の古民家再生」プラン打合せを行いました。前回のお打合せで出た要望事項を盛り込み集成したプランをご説明し、おおむね好印象を持っていただいたようです。築60年の古民家再生ですから、単純にプランを組みかえるという訳にはいけません。耐震性能と断熱・気密性能も満足させながら快適で住み心地の良い住宅へ改修しなくてはいけません。

耐震性能は内壁を真壁にするとやや耐震性能不足、内壁を真壁にしてさらに既存コーナー窓に壁を入れることでようやく耐震等級3程度を確保できました。断熱性能は既存建物のQ値=5.5→改修後Q値=2.1と大幅に性能UPできました。写真は内壁を大壁にした場合のイメージパースです。今後の打合せでご希望を聞きながらイメージを固めていく予定です。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-10-31 15:44 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 09月 28日
築60年の古民家再生 プラン検討
a0152574_10192519.jpg

昨日は「築60年の古民家再生」プラン検討を行いました。少しずつ形になってきた感じです。
そうそう、プラン作成前に現状の耐震診断を行ったところ、X方向に耐力壁が極めて少なく大地震時に倒壊の可能性が高いという結果でした。驚くことはありません、築30年以上前の住宅は耐震診断計算するとほとんどの住宅は倒壊の可能性が高いという結果になります。

検討中の「築60年の古民家再生」プランは、耐震補強方法と断熱気密改修方法、さらに蓄熱効果による快適性向上などを考え合わせながら検討しています。もちろん建て主様のご要望や日射取得・通風効果なども考えています。とても複雑なパズルのようです。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-09-28 10:31 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 09月 15日
築60年の古民家再生 既存調査
a0152574_9353141.jpg

昨日は「築60年の古民家再生」ご要望聞き取り打合せと既存建物調査を行いました。写真は既存建物の回廊の天井です。右上の丸太は長さ12m無節の1本丸太、探しても手に入らないほどの銘木といってもいいでしょう。
内外仕上げの随所に職人が技術と手間をかけた仕事を見ることができます。この住宅がどのようにリノベーションされるのか、ご期待ください。

まずは現状の耐震診断を行い、耐震補強方法と断熱改修方法を検討しながら改修プランニングを進めていきます。
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-09-15 09:44 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)
2013年 09月 05日
築60年の古民家再生 設計依頼
a0152574_1726968.jpg昨日、横浜市 築60年の古民家再生 設計依頼をいただきました。年初に設計依頼いただいた「築100年の古民家再生」に続き今年2軒目の古民家再生設計依頼です。昨日お打合せした「築60年の古民家再生」、写真はイメージ映像ですが、写真のような「8寸の欅の大黒柱」や「しいの木の床柱」などを使った古旅館のような佇まいの古民家です。この住宅を耐震補強と断熱改修を施し、現在の和風のイメージは残しつつモダンなデザインも取り入れていきたいというご要望です。

次回以降、要望聞き取り打合せと現地調査から基本設計を開始します!!
住環境性能+Design住宅 森建築設計

by morikentiku-mori | 2013-09-05 17:31 | 横浜市 築50年の古民家再生 | Comments(0)