カテゴリ:横浜の二世帯住宅( 37 )

2017年 02月 26日
横浜の二世帯住宅 1年検収
a0152574_10434231.jpg
昨日は「横浜の二世帯住宅」の1年検収へ行ってきました。
竣工から1年半経過した外壁の木板や外構の木板が良い感じに風化して風格が出ていました。

1年検収は設備の不具合や仕上げの不具合、建具の開閉不良などを点検して可能ならその場で修理、職人さんの手配が必要な場合は後日補修工事に入るチェックを行うものです。1年半経過した二世帯住宅ですが、1週間前に竣工したような綺麗な状態でお使いいただいておりとても嬉しく感じました。親世帯の建具の傾きを1枚直し(最近の建具はドライバー1本で傾き調整できるので便利)、子世帯の建具も傾きを1枚修理、ダクト回りのシーリングを打ち直して昨日の作業は完了。階段と壁仕上げの隙間など気になる部分の補修を後日行うこととさせていただきました。

とても幸せな空気感で満たされた住宅です!!
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-02-26 10:52 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2015年 09月 08日
homifyで横浜の二世帯住宅が取り上げられました
a0152574_6472435.jpg

建築情報サイト「homify」で「横浜の二世帯住宅」が取り上げられ紹介されました。
「生活を楽しむことができる二世帯住宅」として紹介してくれました。
homifyは設計者が紹介文を書くのではなく、編集者が自分の視点で住宅の特徴を紹介してくれるので、設計者にとっても読んでいて楽しいです。あっ、そういうふうに感じてるんだという発見ができます。
下記アドレスでご覧いただけます!!
https://www.homify.jp/ideabooks/53615/2

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-09-08 07:00 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2015年 06月 07日
バーベキュー
a0152574_11152179.jpg

昨日は今年1月末に竣工お引渡しした「横浜の二世帯住宅」の建て主様よりべーべーキューに御呼ばれして私の家内と子供と一緒に訪問させていただきました。

建て主様はキャンプが趣味ということもあり手慣れた手付で準備をされており、お肉や、写真のような渦巻ソーセージ、ガーリックパン、デザートの手作りバームクーヘンまでとても楽しく、そして美味しいお食事をお酒をいただきました。バームクーヘンを手作りできるというのは初めて知りましたが、作ってみると作業自体は以外と簡単でした。何層にも焼き上げていかなくてはいかないので時間は結構かかり、30分くらい要したでしょうか。手作りバームクーヘンはとても美味しかったです!!

新居のお宅はとても快適に過ごされているご様子でした。夏前の時期ではありますが、室内の室温は快適そのもの。2階の子供部屋もトップライトからの通気がよく聞いていて涼しかったです。このような良きご縁をこれからも大切にして、快適で健康で省エネでデザインされた建築を作っていきたいと思います。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-06-07 11:26 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2015年 01月 25日
横浜の二世帯住宅 施主検査
a0152574_85488.jpg

写真は「おぼろ月」を撮影したものではありません。
横浜の二世帯住宅の子世帯浴室の壁を撮影したものです。子世帯の浴室はTOTOのハーフユニットバスに建築工事で壁と天井を作りました。壁はFRP防水に塗装をしたもので、一見すると若干凹凸がある漆喰か和紙のような質感となるのです。この仕上げに上部と側面からシャワーが噴き出すシャワーユニットを設置した浴室になっています。この壁仕上げ、写真でみるより良い質感で度々使っている仕様です。施工費はFRP防水と塗装で8千円/程度の見積りが多いです。

昨日は午前中に施主検査、午後は建て主様と床塗装を行ってきました。施主検査は大きな問題なく終了し、久々の塗装のお手伝いも楽しく作業できました。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-01-25 09:03 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2015年 01月 22日
横浜の二世帯住宅 珪藻土壁
a0152574_7354343.jpg

昨日からの冷え込みは厳しいですね。
今朝6時の室内温度は12.0℃、同外気温は4.8℃。昨晩10時の室内温度は18.1℃、3.4℃でした。昼間の外気温よりも夜の外気温のほうが高いという変な気温。暖房を切ってから8時間後の室温低下は6.1℃でした。我が家の熱損失係数はQ値3.9という低性能ですが室温低下は意外と小さいです。この理由は蓄熱住宅解説シリーズで解説したいと思っています。

さて昨日は「横浜の二世帯住宅」の現場監理へ行ってきました。内部は壁珪藻土(メルシーライト)塗りが完了し、建具設置と照明器具設置を行ていました。外部は土間コン打ちが完了して目隠し塀の設置工事を進めています。外構工事は本日も作業を進め、明日は内部のクリーニングを行い明後日施主検査を行う予定です。
内部は特に問題なし、スポットライトの照射方向やペンダントライトの高さを指示しました。外部の目隠し板は高さと板同士の隙間の寸法などを大工さんに指示して帰ってきました。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-01-22 07:49 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2015年 01月 18日
横浜の二世帯住宅 外構工事監理
a0152574_90329.jpg

昨日は「横浜の二世帯住宅」の外構工事確認に行ってきました。
門扉位置や車庫下の土間コン位置が図面通りの寸法で設定されているか、土間コンの厚みなど施工中の現場確認をしました。また門に設置される照明器具やインターフォンの位置などを電機職人さんと確認なども行いました。

写真は2階子供室のロフトです。ロフトへの昇降は写真奥の柱に設置してある綱をつたって行うよう計画しました。おそらく降りる時は滑り台のように滑ってくるでしょう(笑)。養生シートを剥がした後に自分自身滑ってみるのが楽しみでもあります。ロフトは行政庁ごとに取扱い基準が違います。横浜では開口部面積が1/20以下、固定階段を設置する場合は基準法の階段基準に合わせる必要があるので普通は可動梯子を使って昇降することがおおいです。斜面に桟木を設置して昇降させたかったのですが固定階段扱いとなってしまい建築確認許可が下りない。そこで綱をつたって登ってもらうようにしました。また写真右奥に見える天井の開口は明り取りと通気用の天窓となっています。壁面に1/20の小窓を設置しても暗いのですが、天窓は壁面窓の3倍の明るさを得ることができるので1/20の小さな天窓でも結構明るいのです。

来週24日には施主検査、また施主検査後と25日には建て主様と私とで床フローリングの塗装を行う予定です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-01-18 09:14 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2015年 01月 10日
横浜の二世帯住宅 外構工事打合せ
a0152574_930493.jpg

昨日は「横浜の二世帯住宅」の現場監理へ行ってきました。内部工事はクロス張りまで終了し、あとは壁メルシーライト塗り(珪藻土)と機器取り付けのみです。また昨日から外構工事が始まったので、一通り工事方法を確認してきました。

写真は子世帯リビングになります。正面階段上の斜め天井が2階廊下(スタディースペース)へとつながる吹抜けとなっています。また斜め天井の上は2階子供室の床となっていて斜め床はそのままロフトまで一体空間となっています。光の拡散と南北通風効果をねらったデザインです。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2015-01-10 09:36 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2014年 12月 26日
横浜の二世帯住宅 外壁板張り塗装
a0152574_1758791.jpg

昨日は「横浜の二世帯住宅」の現場監理へ行ってきました。外壁マジックコート吹き付けと板張り塗装が完了し綺麗に仕上がっていました。年内は外部給排水管の接続や電気引き込みポールの建柱などを行って正月休みに入ります。

写真の板張りは高広木材のチャネルサイディング ノッティー(ウエスタンレッドシダー材)にプラネットジャパンのウッドコート ライトシルバー塗装を1回塗りました。予想通り古びた雰囲気になりました。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-12-26 18:12 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2014年 12月 18日
横浜の二世帯住宅 塗装色柄確認
a0152574_6444017.jpg

この冬はじめての氷点下になりましたね。今朝5時30分の外気温は-1.3℃、室内は11.0℃でした。

さて昨日は「横浜の二世帯住宅」の現場監理へ行ってきました。大工工事は完了し仕上げ工事が始まっています。昨日は外壁マジックコート吹き付け塗装の吹き柄の確認と、内部木部と塗装色を確認してきました。設計段階でそれぞれサンプル確認はしているのですが、微妙な吹き加減によって柄が変わり陰影感に差が出ますし、塗装する木の種類によって色の付き方が違うので実際に塗装する木で確認が必要なのです。
現場で試し塗りしてもらった結果、外壁はサンプルに近い柄、内部木部は2回塗りとすることにしました。
工事の指摘事項としては棚高さの是正などを行いました。

明日はダイニングテーブルと一体化されたキッチンを設置する予定です。次回の監理が楽しみです。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-12-18 06:55 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)
2014年 12月 13日
横浜の二世帯住宅 大工工事完了
a0152574_08110984.jpg
築12年、次世代省エネ基準の仕様規定の断熱材を入れたにもかかわらず平成4年基準(Q値3.9W/m2K)となってしまった我が家の室内環境をお伝えしています。
今朝5時30分の室温は13.0℃、外気温は3.2℃、前夜からの温度低下は10時間で3.8℃でした。我が家の温度低下は一般的なQ値3.9の家よりも小さいです。その理由はいつかこのブログでお伝えします。

昨日は「横浜の二世帯住宅」の現場監理へ行ってきました。本日(13日)で大工工事が完了するので大工工事中としては最後の監理になります。
外部は外壁下塗りモルタルが完了、内部の大工造作もほぼ終了していました。階段や収納棚、手摺など考え抜いたディテールの造作がそのままに完成し感動しました。写真左の廊下手摺は極限まで手摺子の太さを細くしたものです。写真中央下側の他ははコストダウンの為に既成ドアを使用しながら綺麗に見えるよう上下左右枠を検討したもの。写真右上の斜め天井は上部が子供室の斜め床となっています。1階から2階スタディースペースへの広がりと2階子供室からロフトへの光の拡散などの効果を出しています。指摘事項としては階段回りの照明器具位置の移動などを指示しました。来週は外壁仕上げ、内部塗装、オリジナルキッチン設置などを行う予定です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-12-13 08:28 | 横浜の二世帯住宅 | Comments(0)