カテゴリ:小笠原ペンション計画( 29 )

2017年 03月 07日
小笠原ペンション計画 仕上工事完了
a0152574_21463553.jpg
小笠原で工事中の3件の監理のため一昨日まで小笠原出張でした。
本日から3件のプロジェクトについて説明します。

今日は最も早く竣工する「小笠原ペンション計画」です。このプロジェクトは自宅棟とペンション棟を自宅のキッチンが連結する形状で一見2棟のように見えますが1棟の建築物になります。写真は自宅棟の南側壁面です。大きな切妻形状と小さな切妻形状がアクセントになってますね。大きな切妻形状の出っ張りの下には将来目隠し木製塀を設置する予定です。

なぜ切妻屋根なのか?

計画時の建て主様との会話の中で奥様が発した「私切妻屋根が好きなの」という一言からイメージを膨らませていったものです。自宅棟大屋根の切妻、ペンション棟大屋根の切妻、自宅棟の大きな出っ張りの切妻が二カ所、自宅棟の小さな切妻屋根が一カ所、合計5カ所の切妻形状があります。道路を歩きながら、現れては消えていく切妻屋根形状、見る角度によっては1ヶ所、3箇所、そして5箇所と様々な表情を見せてくれます。色彩計画的にはペンション棟に行くほど木目調の茶色が強くなるよう計画しました。

正面の山には小笠原オオコウモリが棲んでいて、夕方になると1mを超す大きなコウモリが何匹も飛び交いその迫力に圧倒されることでしょう。
建て主様たっての希望から屋上には小笠原オオコウモリを観察できる屋上デッキも作りました。ペンション棟の運営開始は4月初旬予定です。小笠原へ行く機会がありましたら是非ご予約くださいませ。

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-03-07 21:48 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 11月 28日
連続する船底天井

a0152574_22142693.jpg
小笠原出張から帰ってきました。
写真はペンション棟2階客室の天井です。手前のスペースと奥のスペース両方とも斜め天井。船の底を逆さにしたような形状なので船底天井と呼ぶこともある斜め天井が連続しています。この下地にボードを張って仕上げを施せば建築工事完了となります。下の写真は建て主様と仕上げ品番決定打合せをした後にサンプルを並べて撮影したものです。右下に船底天井の室内パースがあるの分かるでしょうか。仕上げ後はこのような雰囲気になる予定です。
a0152574_22291455.jpg
次の小笠原出張は12月末の予定です。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】


by morikentiku-mori | 2016-11-28 22:32 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 11月 01日
小笠原ペンション計画 屋根工事完了
a0152574_10441737.jpg
昨日、小笠原から帰ってきました。
帰りの小笠原丸は結構揺れてパソコン仕事どころではありませんでした。客室の丸窓から海を見ると波が生き物のように蠢きながら窓よりも高い位置まで上がってきます。一つとして同じ形のない波のうねりに見とれながら大きく揺れる体を支えます。10時間くらいはそのような高い波の中の航海となりましたが無事に竹芝に着岸し自宅へ帰りました。

小笠原滞在中は工事中の3件の打合せと現場確認で今回も大忙し、夜は友人との情報交換(飲みですね)でこれも大忙し。そんなこんなで小笠原滞在中はブログ更新なしとなってしまいました。小笠原の気温は27度~29度とまだまだ暑く、特に最終日の日差しは内地の真夏そのものでした。小笠原特有のスコールは少なくなりましたが初日に一回ありました。小笠原丸の乗船客数は500名くらいでこの時期にしてはそこそこの乗船数でした。次ぎ便は年に2度の観光協会ツアーがあり町中の宿がほとんど埋まるほどの入港客数のようです。冬に向かう小笠原ですが、まだまだウエットスーツなしで海に入れます。

さて写真は小笠原ペンション計画の屋根です。屋根工事が完了し足場の上から確認してきました。奥に見えるのが小笠原丸が停泊する二見港です。停泊中の小笠原丸がペンション4室の客室からもよく見えるロケーションです。
次回の小笠原現場監理は来月末の予定です。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-11-01 11:03 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 09月 15日
近況のご報告
a0152574_18082384.jpg
複数の工事が重なっていることからブログの更新が滞りがちになっております。
森は仕事しているのか?
遊んでるんじゃないか?
っと思われたら困るので現在進行中の案件について近況をご報告します!!

1、小笠原ペンション計画
  写真の住宅兼ペンションです。場所は小笠原諸島父島です。写真手前が住宅棟、右奥に少し見えるのがペンション棟になります。
  手前に置いてある白い物体が外張り断熱用の資材です。今現在は写真のタイベックの上に断熱材を張り、さらにその上にタイベックをもう一層張るという
  工程まで終了しています。
2、小笠原住宅計画
  工事は1の小笠原計画より遅れていますが、小笠原で最初に依頼いただいたご計画です。
  現在は基礎工事が完了し、来月早々に上棟予定です。
3、小笠原シェアハウス計画
  これも小笠原諸島父島の計画です。こちらは確認済証が発行され、来月早々に基礎着工する予定です。
4、新高円寺の賃貸併用住宅
  建物のお引き渡しが完了し、外構工事の残工事を行っています。来週19日に竣工写真撮影予定なので撮影後に綺麗な写真をお見せできるでしょう!!
5、本の家
  大量の本の保管場所をどうるすか、本棚ですべての間仕切りを作ろうかなんて考えていたご計画です。
  こちらは施工会社が決定し今月末工事契約、来月早々から工事着工いたします。
6、東京都大田区F計画
  東京都大田区北千束の賃貸併用住宅です。賃貸部分はシェアハウスとして計画をしました。シェアハウスの管理会社選定、告知集客方法など建築設計以外
  の部分に時間がかかりましたが先月工事着工してそろそろ窓サッシの取付をします。こちらは私が副代表を務める「感共建築ラボ」でシェアハウスの
  プロデュースをしています。
7、バルコニーハウス
  周囲を住宅に囲まれた旗竿敷地、通路部分が狭く敷地の旗部分で車の回転スペースを確保しながら敷地の特性を読み取って採光と通風を確保した住宅です。
  北側バルコニーの目隠し板に反射させた太陽光を室内に導く、真冬でも周囲の建物の影響を受けることなく直遮光を室内に導く高窓などを計画に盛り込んで
  います。すでに基礎工事が完了し今月末に上棟予定です。
8、世田谷の賃貸併用住宅
  こちらは現在基本設計中の案件です。ファーストプランの提案が終わり、賃貸部分の詳細な検討を行っています。周辺環境の現在と将来的な賃貸市場動向
  を調べながら、この賃貸住宅で取り入れるべき特徴は何かを考えています。今月末のセカンドプラン提出にむけ検討中です。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-09-15 18:31 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 08月 04日
小笠原ペンション計画 無事上棟しました
a0152574_12395764.jpg
昨日、小笠原ペンション計画の上棟作業が無事終了しました。
建て主様との出会いから約2年、ようやくここまで辿りついたという感じです。まさに長く険しい道の連続でした、ではないな、竣工まで険しい道が続きます。小笠原父島という離島での建築計画は内地のようにはいきません。シロアリ対策、強風対策、大雨対策、メンテナンス、施工業者の選定、船による運搬、職人さんの手配などなど初めてのことだらけですので簡単には行きません。竣工まではまだ半年ほどかかるかもしれませんが、お引き渡し後に問題が生じないように全力で監理いたします。

そもそも上棟とはどういうことかご存知でしょうか?
読み方は「じょうとう」、別名「棟上げ(むねあげ)」と呼ぶ人もいます。棟を上げる、という事なのですがこの「棟」とは屋根の最も高い横架材(梁)で、屋根の最も高い横架材である棟まで柱梁の骨組を組み上げることを上棟というのです。小笠原ペンション計画は延床面積70坪、住宅でいうと2軒分の広さになりますので2日がかりで上棟作業を行いました。私の次回渡航予定は8月末になります。その時は屋根下地と外壁下地ボード張りが完了している予定なので写真の骨組だけの姿を目にすることはできませんが設計通りの印象かどうか楽しみです。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-08-04 12:52 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 08月 02日
小笠原ペンション計画 上棟
a0152574_08553003.jpg
小笠原ペンション計画、今日と明日の二日間で上棟いたします。
といっても先日大工さん4人を連れて小笠原へ行って帰ってきたばかりなので、今回は工務店の社長に立ち会いをお願いして上棟しています。
工務店の社長と大工さんから現場の状況は写真付きで報告をもらっているのでおそらく今まさに上棟作業を始めたところだと思います。通常の上棟は1日で終わるのですが、この計画は延床面積約70坪と一般住宅2軒分の大きさがあることから丸二日間の上棟作業となります。

大工さんが小笠原に到着してから、足場やその他資材の運搬、足場組、土台敷き、基礎への防蟻断熱材貼り、そして昨日は構造材一式を港から現場への運搬作業などしてもらってようやく本日の上棟となりました。写真のヤシの木(小笠原で撮影)のように青い空にすっくと立つ姿を明後日のブログでお伝えできることでしょう!!
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】


by morikentiku-mori | 2016-08-02 09:03 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 07月 25日
小笠原父島から帰ってきました
a0152574_14154424.jpg
小笠原諸島父島から22時間、ようやく東京湾に入ってきました。
小笠原の海を見てきた後なので何時も感じることですが、「東京湾の海水汚ね~~」、昨日のブログ写真と比べるとよく分かります。
たぶん6回目の小笠原だと思う(3回目までは数えていたが正確には覚えていません)のですが小笠原出張が日常のようになってきました。
島での過ごし方や船内での過ごし方にリズムが出来てあまり疲れもありません。

さ~明日からまた内地での仕事になります。留守中のスタッフの作業はどこまで進んでいるか、忙しい一週間になりそうです。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】


by morikentiku-mori | 2016-07-25 14:26 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 07月 23日
小笠原ペンション計画 土台墨だし
a0152574_1041514.jpg

小笠原滞在3日目です。
昨日は小笠原ペンション計画の土台墨だし確認や大工さんと島の職人さんとの顔合わせ、それと小笠原シェアハウス計画の確認申請提出などしました。

今回も仕事100%の小笠原出張ですが、あまりの暑さでお昼ご飯後に扇浦海岸でひと泳ぎしました。クールダウンはできましたが海から上がって30分ほどしたら体が重くなり軽く昼寝をして、午後は小笠原住宅計画の建物位置の確認をしてきました。明日の午後3時には父島発~竹芝行きの小笠原丸で帰ります。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-07-23 10:49 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 06月 09日
小笠原ペンション計画 ベースコンクリート打設
a0152574_13143653.jpg

小笠原出張からようやく帰ってきました。といってもまだ東京湾を航行中です。小笠原から22時間かけて東京湾まで来ましたが、ここからが長いのです。東京湾に入ると極端に速度が遅くなるので、距離は近いのですが湾に入ってから約4時間かかります。

さて、小笠原ペンション計画は基礎コンクリートのベース部分を打設しました。小笠原滞在中に配筋検査を終え、出校日の墓前中にコンクリートを打設できたので打設状況まで確認し、ドア下の開口補強筋の追加などを指示して帰路に着きました。写真は建設中の建物を高めの位置から撮影したものです。写真手間の棟が自宅棟、奥がペンション棟になります。別棟のように見えますが一部繋がっているので一つの建物になります。

帰ったらすぐに上棟の準備やら他の物件のフォーローなどで大忙しとなるでしょう。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-06-09 13:13 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)
2016年 06月 07日
静かな海
a0152574_10415818.jpg

小笠原滞在3日目です。
写真は朝撮影してきた扇浦海岸。正面左手奥に小笠原丸が停泊しているのが見えるでしょうか。
扇浦海岸は小笠原丸が停泊している二見港の正面にある海岸です。観光客の多くは船や山のツアーに出かけていくので、この扇浦海岸は地元の住人が時々海に入っているくらいのとても静かな海岸です。今回滞在中の小笠原は天気が良く波も穏やかな日が続いていて、ここ扇浦海岸は時間の流れを忘れるくらいともてゆったり時間が流れているように感じます。

心地よい風と静かな波の音、心癒される時間を持ちながら仕事をしています。

さて、今日の午後は小笠原ペンション計画の最終配筋検査の予定です。確実に基礎配筋作業を終えたことを写真で撮影して今回の小笠原出張の業務は終了します。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-06-07 10:50 | 小笠原ペンション計画 | Comments(0)