カテゴリ:小笠原シェアハウス計画( 12 )

2017年 05月 24日
小笠原シェアハウス計画 内部ボード張り


a0152574_10213118.jpg
昨日に続いて小笠原で工事中の計画をお伝えします。
小笠原の美しい海岸が目の前の敷地に建つ「小笠原シェアハウス計画」です。いま大量の壁石膏ボードを張っているところです。この計画は1階はオーナー宅(写真)、2階がシェアハウスです。2階シェアハウスの個室間の壁が界壁という石膏ボード2重張りの工法のため大量の石膏ボードを張る事になるのです。

写真右窓の目の前には小笠原の海岸があり、正面に小笠原丸が停泊している姿を見ることができます。波の音を聞きながらお昼を食べて休憩しているだけで癒されます。静かな波の音は不思議と気持ちを癒してくれますね。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】




by morikentiku-mori | 2017-05-24 08:17 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2017年 04月 25日
小笠原ペンション計画 内部大工工事開始
a0152574_17254906.jpg
小笠原出張中です。
小笠原ペンション計画はアルミサッシと外壁透湿防水紙貼りが完了、屋根工事も完了して内部大工工事を進めています。

写真は2階のシェアハウス共用LDKスペースを撮影したものです。左側の連続窓の外には美しい小笠原の海が広がっています。
勾配天井のようみ見える部分に張ってある石膏ボードは仕上げ下地ではなく遮熱(蓄熱)効果を得るための下張り石膏ボードです。屋根から伝わってくる熱を断熱材が緩和し、それでも伝わってくる熱をこの石膏ボードが蓄熱させながら室内に伝わってくるのを遅らせることで遮熱効果を発揮するのです。大工工事がさらに進むと高天井を利用した変形勾配天井を作っていくことになります。

少し早めに工事が進んでいた「小笠原ペンション計画」は無事に保健所の許可が下りて簡易宿所として営業開始できるようになりました。
また小笠原住宅計画も引き続き大工工事を進めているところです。3件の小笠原プロジェクト、今後も進捗状況などお伝えします。

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-04-25 17:44 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2017年 03月 19日
小笠原シェアハウス計画 屋根垂木
a0152574_19213142.jpg
本日小笠原に着きました。
午前11時に父島二見港に接岸して、お昼のお弁当を購入して早速現場へ行ってみると、日曜日にもかかわらず大工さんが働いてくれていて
屋根垂木が完成していました。建坪24坪の大きな切妻屋根の屋根垂木が整然と並ぶ姿はとても美しかったです。背景の空がまた美しい。
明日からは野地板の工事に入ります。

この建物では下野地と上野地を設置して間の空間を通気層とします。屋根の通気層は屋根の耐久性を高める工法です。
野地板が雨漏りで腐るという話は聞いたことがあるかもしれませんが、実は雨漏りよりも室内の湿気が天井裏に侵入して野地板を腐らせる
ことのほうが多いのです。屋根通気層は天井裏に侵入した湿気を外部に排出する重要な機能を果たすのです。また雨を室内に侵入させない
昨日も果たすことになります。屋根の野地板の上に敷く防水紙は完全ではありません。100%の施工をしても若干の水分が野地板まで
達してしまいます。屋根通気層はその雨水を室内に侵入させることなく外部に排出する機能も果たすのです。

では、明日以降また小笠原情報をお伝えします。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-03-19 19:35 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2017年 03月 18日
小笠原シェアハウス計画 上棟しました!!
a0152574_09194314.jpg
昨日、小笠原シェアハウス計画の上棟作業を行い、事故・怪我なく無事に上棟できました!!
作業自体もとてもスムーズに進んだそうです。

そうですって?
はい私はまだ内地に居て、本日11時出航の小笠原丸で渡航して上棟後の確認を行います。東京から1000キロ離れた離島なので設計監理者といえども上棟に合わせて予定を立てるのは困難です。今回はさらに資材運搬船の遅れが大きく影響して上棟が丸2週間遅れています。

上棟が終わりいよいよ本格的な大工工事を開始します。では、小笠原についたらまた情報発信しますのでお楽しみに。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-03-18 09:23 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2017年 03月 14日
小笠原への定期貨物船 共勝丸
a0152574_06275618.jpg
昨日は「小笠原ペンション計画」の資材を貨物船に預ける立ち会いをしました。この計画では設計監理だけでなくこのような施工時のお手伝いもしているのです。

写真は東京月島(最寄り駅は 勝どき駅)と小笠原を結ぶ定期貨物船の共勝丸です。昨日荷卸ししたのはアルミサッシ、断熱材、外壁下地板です。アルミサッシはガラスが飛散しないように合板で囲んだ箱に梱包したものを預けました。昨日預けた荷の合計は42m3ほどになるでしょう。1回の運搬としてはこの計画で最大の運搬量になります。昨日は共勝丸の入港日ということもあり、共勝丸から下ろす資材や車両の作業と明日出航する船に乗せるに貨物受付で数台のフォーク(資材を運ぶ車両)が桟橋を走り回っていました。

さて、勝どき駅というと今話題の築地市場がすぐ近くにあります。築地市場前を車で通りすぎると歩道を歩くのも困難なほどの多くの観光客(主に外人さん)で賑わっていました。一般客も入店できる露店が建ち並ぶ路地はとても魅力的。次に資材運搬立ち会いするときは電車で行って帰りに築地市場に寄って昼飯を食べるぞ!!
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-03-14 06:41 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2017年 03月 10日
小笠原シェアハウス計画 基礎工事完了
a0152574_14175640.jpg
今日は小笠原シェアハウス計画の進行状況をお知らせします。
写真は基礎完了の写真になります。

写真左を見るとすぐそこが海であることがよく分かるでしょう。
そう、この敷地は目の前が海岸なのです。ほとんどプライベートビーチのような立地です。
反面台風の時には強風が吹き、時には波が道路まで達するとか、対策は打ちましたが恐ろしいことです。

前回の渡航時に大工さんを連れて行って現在土台敷きをしているところです。14日に上棟予定でしたが
13日と14日は小笠原は雨のようなので16日に上棟予定です。私の次回渡航は18日になりますので
次回のお知らせでは上棟後の写真をお見せできるでしょう。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-03-10 14:23 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2016年 02月 02日
小笠原シェアハウス計画 セカンドプラン
a0152574_704643.jpg

昨日、小笠原シェアハウス計画のセカンドプランを提出しました。写真はセカンドプランの道路側水彩風外観パースです。ファーストプランで出た懸案事項を解決しながら、ファーストプラン以上に目の前の美しい海岸の風景を活かした案となりました。

昨日の提案プランは2案提出させてもらいました。1案はファーストプランを改善したもの、もう1案は玄関とシェアハウス個室の配置を大きく変えてシェアハウスの共用スペース海側に大開口を設けたプランです。

写真は後者の道路側から見たパースです。2階に並んでいる窓がシェアハウスの個室窓になります。個室の海側が大きな共用スペースになります。南北方向は個室側(道路側)が南、海側が北なので太陽光の反射の影響を受けない海面の夕景を眺めることができる立地の特性を活かしたプランとなりました。

今後は建築仕様や設備仕様などのご提案をさせてもらいながら基本設計仕様を確定させていくことになります。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-02-02 07:22 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2016年 01月 02日
小笠原シェアハウス計画 ファーストプラン
a0152574_9562061.jpg

明けましておめでとうございます。ブログをご覧くださっている皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日は正月元旦でしたが、検討してきた「小笠原シェアハウス計画」のファーストプランをメールでお送りしました。普通は直接お会いしてプラン概要をご説明するのですが、建て主様のお住まいが遠方ということもあり、今回はメールでの送付となったのです。

敷地は小笠原の海岸に面する好立地です。写真は敷地海側(方位は北側)の外観パースです。シェアハウスの住人や建て主様の友人などが気軽に集まれるよう大きなウッドデッキスペースとしました。小笠原は突然のスコールのような雨もありますので2階の張り出しで広めの雨避けスペースも設けました。外壁の色は青空と周囲の樹木(緑)を背景に映える色である明るめの焦げ茶色を選定しました。

平面プランは1階に建て主様の住居部分とシェアハウスの貸室半分、2階は建て主様の寝室とシェアハウスのダイニングキッチンなどを配置しました。建て主様のご希望リストでは1階にオーナー住居、2階にシェアハウスとして上下で分離するものでしたが、検討の結果建て主様の寝室スペースを2階に上げた形となりました。寝室のプライバシー度の高さと上下階の遮音などから考えた結果です。

ファーストプランでは温熱や通風など今までの経験から頭の中で計算しながらプラニングしていますが、今後実際に計算で性能を確認しながら微調整を行っていきます。設計見積りで予算の確認も必要です。建て主様とのプラン打合せまでに精度を高めていかなくてはいけません。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-01-02 10:23 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2015年 11月 24日
小笠原シェアハウス計画 4(夕陽)
a0152574_150442.jpg

6日間の小笠原出張から帰ってきました。
写真は小笠原丸から撮影した夕陽です。綺麗でした~
夕陽が沈んだ瞬間、花火大会が終了したような大きな拍手が巻き起こり感動いたしました。

今日からまた内地で慌ただしい業務に戻ります。
高円寺の賃貸併用住宅、鎌倉の減築リノベーション、磯子の事務所改修、本の家、小笠原の住宅計画、小笠原のペンション計画、今回小笠原出張した目的の小笠原シェアハウス計画、その他にも感共建築ラボの仲間と取り組んでいる住宅団地コンペなどもあります。

みな大きな期待を寄せていただいているプロジェクトばかりです。気合を入れて頑張ります!!
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-11-24 15:16 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)
2015年 11月 22日
小笠原シェアハウス計画 3(夕陽)
a0152574_8424627.jpg

写真は小笠原のウェザーステーション展望台から撮影した夕陽です。
父島西側の山の上にあり、水平線に沈む夕陽が絶好のポイント。昨日は惜しくも水平線に雲があり沈む瞬間の夕陽は見えませんでしたが多くの観光客が集まっていました。今回の小笠原滞在中の観光はこの夕陽だけでした。。。

さて昨日は「小笠原シェアハウス計画」の配置検討案を建て主様にご説明しました。説明といっても敷地を調査して敷地から感じる印象という程度。細かな部屋割りや設備配置などを進め微調整しながらプランを煮詰めていくことになります。

小笠原滞在は今日まで、本日発、明日23日東京着の船で帰ります。今回の船は久里浜寄港便です。久里浜で降りたほうが早く家に着くようなので久里浜で降りてみる予定です。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2015-11-22 08:54 | 小笠原シェアハウス計画 | Comments(0)