カテゴリ:東京都大田区F計画( 20 )

2017年 06月 09日
ガーデンサロン北千束 第一回サロンを開催
a0152574_16453665.jpg
東京都大田区北千束の女性向けシェアハウス、「ガーデンサロン北千束」の第一回サロンを開催しました。
このシェアハウスは私が設計監理し今年3月に完成したものです。そして私が副代表を務める感共建築ラボで運営に関わっているのです。

といっても何のことか分かりませんよね。
「サロン」ってなーに?
「感共建築ラボ」ってなーに?

「感共建築ラボ」は建物単体だけではなく周辺環境の改善と人間が本来持っている潜在的な力を復元することで得られる真に豊かな環境の創造を目指す建築家グループです。具体的には、独自の快適指標の開発・地域の活性化が可能なリノベ事業、周辺コミュニティーの活性化が可能なシェアハウス事業などを行っています。
「サロン」はシェアハウス完成後に入居者と運営者が集い意見交換を行う場です。シェアハウスをより快適で暮らしやすいものに改善していくために行っている運営業務の一つです。

ガーデンサロン北千束の完成後初めて開催したサロンでは、初回ということで入居後の感想をお聞きして、備品消耗品などで不便なことはないかなどの聞き取りをしました。設計監理して終わりではなく、設計者自身が入居されている方々の生の声を直接聞いて施設改善まで関わるという全国でもあまり例のない取り組みだと思います。
日射遮蔽や通気など少しの工夫で環境改善できる方法をお伝えしたり、備品消耗品などの要求度の高さを知る事ができました。直接お会いしてお話を聞くことの大切さを再認識いたしました。今後オーナー様とも協議して必要な備品消耗品の用意など進めていくことになります。

このようなサロンを年間3回ほど開催して施設改善につなげていくというシェアハウス運営の「しくみ」がスタートしたのです。

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】


by morikentiku-mori | 2017-06-09 17:43 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2017年 04月 09日
女性向けシェアハウス 見事な桜ですな~
a0152574_18520885.jpg

昨日は女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の入居希望の方をご案内しました。

私が設計監理した東京都大田区の賃貸併用住宅で、賃貸部分は女性専用のシェアハウスとして運用しています。設計監理者が運営まで関わることはほとんどありませんが、このプロジェクトは計画運営プロデュースを私が副代表を務めている「感共建築ラボ」が行っています。そこで内見のご案内も感共建築ラボのメンバーで行っているのです。

昨日は私自身2度目の内見案内でした。シェアハウスのお部屋が4室のうち2室にまだ空きがございます。来週の日曜日には2名の内見予定が入っていて、その他1名の方から問合せも入っています。4月に入り問合せが減ると思っていたところ3月と変わりなく問合せをいただいております。

ガーデンサロン北千束の詳しい説明は下のひつじ不動産サイトでご覧いただけます。
東急目黒線 洗足駅 徒歩5分、東急大井町線 大岡山駅 徒歩8分 、という便利な立地にありますので付近で賃貸住宅やシェアハウスをお探しの方は是非ご覧ください。
https://www.hituji.jp/comret/info/tokyo/ota/garden-salon-kita-senzoku

さて、写真はシェアハウスのアプローチ正面にある見事な桜の木です。敷地の向い側にある桜の木ですが、アプローチの位置やご自宅バルコニーに位置を決定する要因ともともなった重要な桜の木です。昨日も内見されるかたを建物の前でお待ちしていると、道路を歩いている人がスマホを取り出して撮影していました。

「見事な桜ですね~」
「そうですね~」
なんてお話ししながらちょこっとシェアハウスの紹介もさせてもらいました。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-04-09 19:07 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2017年 04月 02日
女性専用シェアハウス ガーデンサロン北千束
a0152574_11455806.jpg
東京都大田区で設計監理した女性専用シェアハウス、「ガーデンサロン北千束」は順調に入居契約が進んでいます。
本日第一号の入居者が引っ越し、今月中旬にお二人目の引っ越しが決まっています!!
新居での新たな生活のスタートを存分に楽しんでいただきたい。

このシェアハウスは東京都大田区北千束にございます。石張りとロートアイアン門扉のアプローチ、杉無垢フローリングと和紙壁紙の自然素材、快適性を確保する断熱性能と通気性能は他の賃貸住宅にはない特色です。またコラージュ写真を見ていただくと分かるように内部リビングと連続した石張りの屋外テラスがあり、休日の天気の良い陽には暖かな日差しのもとお茶や読書などでくつろぐことができます。

各個室は7.45m2で全ての部屋にロフトベッドが設置されているのでベッド下に洋服を収納して有効利用できます。視線高さが変わるロフトベッドは気分の切り替えにもつながることでしょう。ガーデンサロン北千束の詳しい説明は下のひつじ不動産サイトでご覧いただけます。


https://www.hituji.jp/comret/info/tokyo/ota/garden-salon-kita-senzoku


【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-04-02 12:01 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2017年 02月 21日
ガーデンサロン北千束 入居者募集サイト
a0152574_15263080.jpg
女性専用シェアハウス「ガーデンサロン北千束」の入居者募集を開始して「ひつじ不動産」サイトに物件掲載されました。
https://www.hituji.jp/comret/info/tokyo/ota/garden-salon-kita-senzoku

他に、「ホームズ」と「アットホーム」にも物件情報が掲載されております。

ひつじ不動産サイトへの掲載情報では我々「感共建築ラボ」を運営者として登録しました。
感共建築ラボってなんなん?と感じるでしょうから感共建築ラボの設立趣旨とシェアハウス事業に取り組み始めた理由も簡単に紹介いたします。

「暮らしを包む建物は、命を守る物理的なシェルターであると同時に、安らぎと平穏を包み込んだ心のシェルターでもあります。そして生理的な快適さも合わせ持つことで「居心地良さ」を私たちは感じています。感共建築ラボは、そのような居心地の良さを探求していきたいという想いを抱いた建築家により設立したグループです。そして、居心地の良さにはもうひとつ大事なことがあります。それは、ひととのつながりです。わたしたちは誰かといることで心が安らぎ、何かあった時でも助け合うことで「居心地の良さ」を感じます。それは家族であったり友だちであったり恋人であったり隣近所であったりします。このような「コミュニティ」を育みそだて、そして維持していくことを私たちは大事にしています。」

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-02-21 15:32 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2017年 02月 16日
女性専用シェアハウス 入居募集開始
a0152574_09452181.jpg
東京都大田区北千束で竣工した女性専用シェアハウス、「ガーデンサロン北千束」の入居者募集を開始しました。
シェアハウス専用の庭には石張りの土間と屋外椅子テーブルが設置され天気の良い日には温かな日差しのなかお茶を楽しむことができます。名前の由来となった「サロン」は入居者と運営者が集い施設の問題点や住環境などについて情報共有して改善していくことができる場(時間)です。サロンには設計者も参加することになっています。「サロン」は他のシェアハウスにはない魅力的な「しくみ」と言えるでしょう。

女性4人の家族的で落ち着いた空間の新築シェアハウスで新たな生活を初めて見たいという方、管理不動産会社の「ともえ不動産」までご連絡ください。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-02-16 09:51 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2017年 02月 12日
女性向けシェアハウスの完成見学会を開催しました
a0152574_12025160.jpg
昨日、女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の完成見学会を開催しました。シェアハウスの運営プロデュースをしている「感共建築ラボ」メンバー6名で対応しきれないほどの方々にご来場いただき感謝いたします!!

設計監理させていただいたオーナー様、建築計画をお持ちの方々、近隣住民の方々、シェアハウス入居希望の方々など、ご来場が集中した午後1時以降の時間帯は室内が人であふれ我々が対応できない方もいらっしゃつ程でした。

写真はシェアハウスへのアプローチ通路です。
石張り、コンクリート洗い出し、コンクリート木鏝押えと3種類の床をデザイン張りしています。ロートアイアンも門扉も設置されました。

さて、このシェアハウスは女性限定4室の賃貸施設です。新築のシェアハウスで4名という家族的で温かな雰囲気のなかで新たな生活を送ることができるでしょう。
他のシェアハウスにはない特徴は、設計者自身が参加する入居者と運営側の意見交換の場を定期的に開催することです。住環境や施設の改善行う事で作って終わりではない成長する賃貸住宅ですね。この意見交換の場(時間)を「サロン」と呼んでいます。


a0152574_12104929.jpgそしてもう一つ、室内LDKスペースだけでなくプライベートガーデンスペースを設けていて、内外一体的なリビングダイニングスペースとして利用できることです。

右の写真はそのガーデンスペースです。石張りの土間と茶色の玉石をデザインして配置しています。枕木で囲まれた四角には3月に樹木を植える予定です。樹木が入ればより生き生きとした場所になるでしょう。

女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」は4名の家族的なシェアハウスです。賃料は6万円+光熱費・清掃管理費になります。入居者募集中ですので内覧など希望の方はご連絡ください。
【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】



by morikentiku-mori | 2017-02-12 12:14 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2017年 02月 01日
女性向けシェアハウス 完成見学会を開催します!!
a0152574_11594636.jpg
年初のブログ更新から約1か月ぶりの更新となります。
さて久々の更新で皆様にお伝えするのは私設計監理で完成したシェアハウスの完成見学会のお知らせです。
シェアハウスのプロデュースを私が副代表を務める「感共建築ラボ」が担当いたしました。

「シェアハウスは一人暮らしでも仲間とのコミュニケーションをとることができるので、いろいろな会話を楽しんだり情報交換することができます。また、体調が悪い時などの助け合いもあり安心です。我々がプロデュースしたこの「ガーデンサロン北千束」は女性限定であるだけでなく、シェアハウスとオーナー宅が長屋形式となっているので「つかず離れず」という程良い距離感で大家さんご家族と交流がもてます。初めての一人暮らしで実家からお子様を送り出すお父さんお母さんも安心できます。
詳しく聞いてみたいという方、とりあえず覘いてみようかなという方、会場でスタッフがお待ちしていますのでいろいろお話しできるかと思います。是非お越しください!!

日時:2月11日(土)10時~16時
場所:東京都大田区北千束1丁目8番地22(写真に簡単な地図があります)
予約:事前予約は不要です。入場の際に氏名・住所・メールアドレスの記載が必要です。
担当:森建築設計 森(連絡先090-9134-2670)

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2017-02-01 12:12 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2016年 12月 11日
東京都大田区賃貸併用住宅 吹抜け天井
a0152574_17592804.jpg
東京都大田区で建築中の賃貸併用住宅は仕上げ工事終盤です。今週末には設備機器を設置する予定です。シェアハウス部分は度々施工状況をUPしていますので、カテゴリ「東京都大田区F計画」の過去投稿も是非ご覧ください。

さて、写真は大工工事完了後、仕上げ工事直前のオーナー宅リビングダイニングです。写真奥のリビングからダイニング、キッチンまで一室空間の中に吹抜けがあり南面する高窓から明るい光が下りてくる計画です。高窓からの光の筋が落ちてくるというよりも一度壁にバウンドした光が乱反射しながら下りてくるというように光をコントロールしました。

吹抜けには梁と水平剛性を確保するブレースが出てくるのですが、ボードを上手く切欠いて、丸穴を開けて貼ってくれました。美しいですね~
大工さんありがとうございます。

この吹抜け、天井の先端をよく見ると少し変わっていますよね、そう、先端を鋭角にして斜めに折り返しているのです。光をコントロールするという目的と共に吹抜けをすっきりと綺麗に切り取るという目的もございます。竣工後に完成した写真をお見せするのが楽しみです!!

お引渡しは来週末、まさに大詰めの工事を進めてもらっています。

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-12-11 18:09 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2016年 11月 27日
女性向けシェアハウス ガーデンサロン北千束の高窓
a0152574_12473968.jpg
ほぼ2週ぶりのブログ更新となってしまいました。
私はいま小笠原父島にいます。小笠原で工事中の3件の設計監理で今回も大忙し、今日の午後3時出航の小笠原で帰ります。
また24時間の船旅になりますが今回は電機の職人さんとお施主さんのうちの一家族が帰省するので話し相手がいて退屈はなさそうです。

さて、写真は女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の個室高窓から降りてくる光を撮影したものです。先週の現場の状況写真ですがもう仕上げ工事が終わっていることでしょう。写真は下地ボードの石膏ボードを貼り込んだ状態で、仕上げ前のこのほうが光の雰囲気がよく解ります。柔らかな光が下りてきているのが解りますよね。
この高窓は一部開閉式になっていて、採光だけではなく換気用の窓にもなっています。高窓を開放するとことで自然の換気が促され換気効果が倍増するのです。
シェアハウスの入居は来年2月1日からの予定です。今週は現場の確認だけではなく管理不動産会社との打合せも予定しております。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-11-27 12:44 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)
2016年 11月 13日
シェアハウスのキッチンタイル
a0152574_16311692.jpg
このシェアハウスのキッチンは家具工事でキッチンカウンターと吊棚を設置してタイル屋さんが壁タイルを張る仕様となしています。シェアハウス入居者への告知資料では料理したくなる「ときめきキッチン」と説明しており、タイル品番の選定では失敗は許されません。仕上げ品番としては最後の選定となりましたがよく考えて決めました。

写真中央の柄タイルがキッチンレンジフード下の壁に張るタイル、柄タイルの左にある小さな桜色タイルはキッチンカウンター下の壁に張るモザイクタイルです。
そして柄タイル下の白いサンプルがキッチンカウンターとして選定した人造大理石コーリアンです。

タイルの色はピンク色、というより桜色と言った方がイメージに近いと思います。実際の品番です。
・レンジフード下タイル:名古屋モザイク ルッチカンテ MER-02511-2M
・カウンター下のタイル:名古屋モザイク リコモザイク 25角103色
・キッチンカウンター :コーリアン グラーサシリーズ ベージュ色

このキッチン壁タイルには当初からピンク色のタイルを探していたのですが、品が良い色合いのタイルがなかなか見つからずに最後の選定となりました。そんなときに馬車道アトリエのすぐ近くに最近オープンした名古屋モザイクのショールームを覘いたところ、探し求めていた色柄に近いタイルを発見したのです。そのタイルがレンジフード下で選定したタイルです。なんとまだカタログにも掲載されていない新商品だそうです。そりゃカタログを見ても発見できないはずです。

可愛くてお洒落なタイルとの幸せな出会いでした。シェアハウスは来年1月にはオープンハウスでお披露目できるよう工事を進めています。
下のアドレスでこのシェアハウス専用ホームページをごらんいただけます。
http://sharedhouse.net/

【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-11-13 16:43 | 東京都大田区F計画 | Comments(0)