2010年 01月 21日
京都府福知山の家 スタディー模型
a0152574_1515411.jpg


「京都府福知山の家」外観検討スタディー模型を4個作成しました。3ミリのスチレンボード
で作った1/100模型です。

検討段階では何個もの模型を作ることがあります。自分自身で様々な可能性を模索するために作ることが多いですが、今回は建て主の考えを整理するための模型です。

自分自身は平面を考えながら同時に立面・断面も検討しているので考えがまとまっていても、建て主の頭の中には別の思いがある。その思いを大切にしながら、計画地に合った外観形状や色彩へ導いていくのも建築家の仕事だと思っています。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-21 15:27 | Diary | Comments(0)
2010年 01月 20日
外壁ラスモルタル 壁内結露防止
新事務所の屋上壁の一部を左官壁とします。ラスモルタル下地でマジックコート左官仕上げ。
ラスモルタルとはラス網という金網を張ってその上からモルタルを塗る工法です。サイディングが普及する前には最も一般的な外壁仕上げでしたが今でも使われています。

このラスモルタルの上に吹付けや左官で仕上げるわけですが、窓周りのひび割れや台風時の風圧で雨水が浸透して雨漏りしやすいという欠点、モルタルを塗ってから乾くまでの養生期間が1週間~10日必要ということもあり、工期短縮が必要な一般的住宅で敬遠されたjという理由でサイディングが普及しました。

ただ、差別化を図りたいという要望から、昨今の住宅でモルタル工法が見直されジョリパット仕上げなどの採用頻度が上がっています。手作りの良さを再認識するというのは喜ばしいことです。

a0152574_9453386.jpg


さて、ひび割れや雨漏りという心配のあるモルタル工法ですが、様々な改良工法が示されており、我が事務所でも通気ラスモル工法という工法で施工しています。これは胴縁の上に紙が張りついたラス網を張り、その上にひび割れしにくい樹脂モルタルを塗る工法です。モルタルの裏側に通気層があるため、万が一雨水が浸透しても屋内に雨漏りすることなく排水されます。通気左官工法としては胴縁の上にボード張りして左官仕上げするという工法もあります。
通気工法はもう一つの大きな利点があります。壁内結露防止です。サイディングが通気層を設けるのと同じことで、壁の中の湿気を通気層から排出することが可能となるのです。

通気モルタル工法
http://www.fujikawakenzai.co.jp/technique/tech02.html#T02
セメントボード工法
http://www.mrc.co.jp/dera/contents/technical/technical_t1.html

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-20 10:09 | My atelier | Comments(0)
2010年 01月 19日
窯業系サイディング工事監理と木製窓との納まり
a0152574_1033896.jpg

事務所工事は昨日1階壁の窯業系サイディング工事が完了しました。
サイディングは定番として使用しているニチハ モエンエクセラード マイスターウッド調 チャコールブラウン。
色・質感・コストパフォーマンスを総合して考えると最高のサイディングです。

サイディング工事の監理ポイントは次のような項目でしょう。
・透湿防水シートに切れなどないか最終確認
・土台水切りは透湿防水シートの下に入っているか
・窓周り防水テープが正しく施工されているか最終確認。水下から張られているか確認
・下地胴縁は設計通りの材料か。厚みは15ミリ以上を推奨します。出来れば防腐胴縁がよい。
・割り付け位置の打合せ、確認
・サイディング止め付け金具により施工されているか。直釘打ちはサイディング割れの原因となります。
・サイディングに割れや欠けはないか
・シーリング下地は正しく施工されているか。シーリング幅は8ミリ~12ミリ程度となっているか。
・最終清掃確認

a0152574_10173921.jpg

さて今回、自分でも初めてのディテールを考えて試しています。
木製窓をサイディングの内側に入れて、外からみたらサイディングを切りっぱなしているようなシンプルな納まりです。
サイディングの小口(板を真横から見た15ミリほどの面)は水に弱いので、ウレタン塗装などで雨水がしみ込まないようにしなければいけませんが、サイディングが美しく見えるよう考えました。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-19 10:20 | My atelier | Comments(0)
2010年 01月 18日
巨大地震後のライフライン復旧期間
a0152574_10207100.jpg

ライフラインとは、「命綱」「生命線」という意味の言葉です。私たちが生活する上で、電気やガス、水道、電話などは欠かせません。私たちの生活を支えるこうしたシステムのことを「ライフライン」といいます。

大きな地震後は電線や配管の破損により電気やガス、水道などが使えなくなり、復旧までの期間が分かっていれば地震対策のヒントになるのではないでしょうか。

阪神淡路大震災後の調査で、電気・水道・ガス・電話・下水の復旧期間が報告されており、電気は最も早く1週間弱で復旧していることが分かります。逆に土中配管されているものは復旧まで3か月程度かかっています。
表中のガスとは都市ガスのことで、プロパンガスは電気と同程度の1週間程度で復旧したという調査報告がプロパンガス協会からなされており、一見危険そうなプロパンですがプロパン爆発などの被害は無かったそうです。

この調査報告から、第一に住宅を大震災に負けない強度で頑丈に作り、家族が1週間生き延びる為の食糧備蓄をすべきということが見えてきます。ペットボトル水や最低限の食料程度でいいでしょう。

あまり語られませんが、建築設備的にはエコキュートや給湯タンクは500リットル弱のお湯が常時溜められており、飲料水にはなりませんが生活水として使用できる可能性が高いです。雨水タンクなども有効かもしれませんね。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-18 10:38 | earthquake | Comments(0)
2010年 01月 17日
建築基準法の耐震性
昨夜フジテレビ系ドラマ「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い~」を見た。大震災後も新聞を発行しつづけた神戸新聞の戦いを苦悩を描いたドキュメンタリードラマだ。震災から3日間の暗い被害状況を中心とした紙面構成から、4日目以降は被災者たちに希望と生きる力をを与える構成へと変化する様を丁寧に描いていた。そして、被災者たちの悲惨な状況や新聞記者やカメラマンの苦悩に涙しながら、僕は別の事を考えながら見ていた。
a0152574_927370.jpg


建築基準法 第1章 第1項(目的)をそのまま転記する。
「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする」

数日前のブログで、建築士は住人の生命と財産を守る職能であるとした所以だ。
昨晩のドラマをみながら、僕が社会に貢献できることの重要性を再認識し、誇りをもって仕事にあたろうと強く感じたのだ。

建築基準法は最低の基準を定めたに過ぎない。基準法の耐震性は「関東大震災級の地震で倒壊せず住人が避難できるような構造」程度で、大震災後に建築物は再利用できない可能性が高い。つまり建て替えないといけない、ということだ。
こんな基本的なことを、どれほどの住宅関係者が建て主に説明した上で契約しているだろう?

一般の方は、基準法に適合した住宅が地震で使えなくなってしまうなんて考えてもいないだろうが、それが現実だ。基準法以上の耐震性基準として、性能表示制度があり、関東大震災の1.25倍や1.5倍の揺れにも耐えうる住宅を建設できるので、住宅を建設する時には検討してもらいたい。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-17 09:26 | earthquake | Comments(0)
2010年 01月 16日
別世界へ続くタラップ
a0152574_1814763.jpg


久しぶりに建築中の我がアトリエのお話。

このブログを見てくださっている方にはなんてことない写真に見えるでしょうが、
僕にとっては「別世界へ繋がる希望のタラップ」という意味合いがあります。
アトリエ屋上はウッドデッキを敷き詰めたルーフテラスとなり、ウッドデッキの
一部(タラップの真下に空けた穴からルーフテラスへ登っていけます。

天井高さが低く(2.1m)暗めのアトリエと反比例するような超開放的な屋外
スペースが広がり、僕がプラン検討したり、自宅の屋外リビングスペースとし
て使う予定なのです。自宅の2階リビングの壁に片開き戸を設置して、ルーフ
テラスとは直接行き来できるようにもなります。

僕にとっては、ツリーハウス(木の上の家)のような別世界となるのです。

ウッドデッキに空いた穴を通り抜けてルーフテラスへ登る解放感を味わいたい
方、アトリエ1階とともにお見せできますのでご連絡ください。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-16 18:24 | My atelier | Comments(0)
2010年 01月 15日
阪神淡路大震災から15年 住宅業界のその後
Excite エキサイト : 芸能ニュース阪神淡路大震災から15年。各局で地震関連の放送や記事が目立つ。
あの地震は住宅業界に何をもたらしたか?

大震災で一番の問題となった柱引き抜きと1階の耐力壁不足に対し
基準法の改正が行われ、引き抜き力に応じた構造金物の設置が義務化、
1階車庫や店舗などで1階耐力壁不足とならないように技術基準が
周知された。

その後、姉歯事件を経て確認申請書類の厳格化がなされた。

と表向きは心配がなくなったように見えるが、中小建築会社の倒産、
建売大手の確認申請偽装と大震災の教訓は生かされていないと感じる。
確認申請において4号建築物と呼ばれる一般的木造2階建て住宅は
未だに構造審査は必要なく、構造確認は建築士の責任に任されている。

住宅建設現場では構造金物の意味も分からずに設置している大工も
いるだろう。

つまり、現状の住宅産業は建築士・工務店担当者・大工などの個人的
資質や知識・技術によりどうとでもなってしまう。

唯一、建て主の立場で住人の財産と生命を守る建築士という職能に目を向けてほしい!
誠実な建築士は建て主の財産と生命を守るために設計・現場監理している。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-15 18:03 | earthquake | Comments(0)
2010年 01月 15日
建築家の道具
a0152574_8491335.jpg


今日は日ごろスケッチで使っている筆記用具を紹介します。
写真左から、YSP用紙、毛筆水性マジック、デッサンペン、3色ボールペン、三角スケールだ。

通称YSP〈イエロー スケッチング ペイパー)はロール状の黄色いトレッシングペーパーで、
くるくる引き延ばし、時には重ねて使う。黄色は脳を刺激して発想が出やすいらしい。

毛筆水性マジックはの商品名は三菱 リブ。細い線から極太の線まで自在に操れる。
なにより書道の墨のような黒が気に入っている。

デッサンペンはシャーペンのような操作で芯を出すのだが、芯が5ミリという極太のものだ。
スケッチ段階では細い線ではなく極太の線でおおらかにアイデアをまとめてゆく。

3色ボールペンは床のタイル表示などの細かな書き込みや赤や青でアイデアのポイント
を表示したりしている。

最後に三角スケール。1本で6種類の縮尺が表示されている物差しだ。普通の三角と
コピーで縮小した時用の三角スケール、2本を常用している。

今日はこれらの筆記用具で京都福知山の家を検討している。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-15 09:04 | Diary | Comments(0)
2010年 01月 14日
我が家の室内環境
「心地よい」と感じるファクターの一つに室内環境がある。
素晴らしいデザイン住宅でも耐えられないほど寒くては心地よいとは言えない。

僕はデザイン以前に心地よい住環境が大切だと思っている。住宅というのは
一時を過ごす建物ではなく何十年も過してゆくものだから住環境の重要性が
高いのだ。

今朝は上空に寒気がありめっぽう寒かった。
外気温は0度。ブルーシートに溜まった水には暑さ1センチの氷が張っていた。
a0152574_933273.jpg


では、こんな真冬の理想的な室内環境とはどんなものか?
僕の設計する住宅は全面床暖房を基本としており、暖房器具を床暖房とした
前提で話をすると、室内温度18度が最も理想的な温度と考えている。室内
温度18度はストーブやエアコン暖房では寒いと感じるかもしれないが、全面
床暖房の場合はとても快適だ。床面からの輻射熱の影響で体感温度は20度
くらいに感じる。

体感温度=(室温+表面温度)÷2

そんな話をしている我が家の今朝の室温及び表面温度を測定した。
a0152574_9135839.jpg

1階→室温16度、湿度55%、床面18度、壁天井面13度、ガラス10度。
2階→室温14度、湿度55%、床面11度、壁天井面11度、ガラス5度。

1階は室温16度でも快適、2階は寒い。床暖房設定を2度ほど上げた方が
よさそうだ。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-14 09:19 | home Design | Comments(0)
2010年 01月 13日
稲本潤一がJ1川崎へ来た
Excite エキサイト : スポーツニュース
a0152574_842799.jpg


2年連続でJリーグ2位、ナビスコップでも決勝で3度負けている川崎。
川崎フロンターレに稲本潤一がフランス レンヌから移籍することが決まった!!

30歳になったとはいえ、経験豊富な稲本の存在は川崎のチームメートの手本
となるのではないだろうか。

我が家は川崎フロンターレの本拠地 等々力スタジアムまで徒歩5分。試合が
ある時はスタジアムの歓声と若干時間差のあるテレビ中継の歓声をシンクロさせて
楽しんでいるほどの距離。

今年こそはタイトル奪取して欲しい!!

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-13 08:14 | Diary | Comments(0)
2010年 01月 12日
ベスト電気が
Excite エキサイト : 経済ニュース

ベスト電器が さくらやを清算、さくらやは2月末までに事業から完全撤退するそうです。家電業界も不景気の波に巻き込まれてますね。
好調な商品は大型テレビくらい、今後期待できるブルーレイくらいでしょうか。

JALは事業再生法による再生が決まりましたし、不況のトンネルの先が見えない状況ではますます消費は冷え込むでしょう。

僕の本業の建築業界も真っ暗闇、こんな時代だからこそ小手先や上面ではない、芯の通った本物の住宅を作らねばいけない、と感じています。

# by morikentiku-mori | 2010-01-12 20:19 | Diary | Comments(0)
2010年 01月 12日
光熱費1/2住宅 自然風の利用
a0152574_1002942.jpg
居住時のエネルギー消費量を1/2に削減しながら、住人が「心地よい」と感じる住環境も実現する「自立循環型住宅」解説シリーズ、いよいよ13要素の解説を始めます。

A-01 自然風の利用
(冷房エネルギー10~30%削減)
夏季夜間や中間期に外気を取り入れ、室内を涼しく保つ技術。自然風は敷地特性によって利用可能性は変わります。つまり郊外地なのか過密地なのかによってエネルギー削減率目標を設定するのです。
通風量は換気回数という指数を用いて示し、夜間は10回/1時間、昼間は10~100回/1時間程度の通風量を目指します。換気回数20回/1時間以上確保できれば、人体表面が冷やされ爽快感を感じる気流速度となるので、比較的高い空気温度でも冷房なしで過すことが可能となります。

自然風利用で問題となるのが防犯への配慮でしょう。
防犯上有効な窓としては、幅25センチ以下の窓、開閉ストッパー付窓、防犯面格子、通風雨戸やシャッター、トップライトなどが考えられます。

さて、自然風の利用技術では次の5要素が示されており、建設地域特性に応じて利用可能な要素を組み合わせて設計していきます。
最終的には風上窓面積・間仕切り開口面積・風下窓面積、窓開放幅と網戸等の影響などを考慮した合成有効開口面積を計算により算出して換気回数を想定するのですが、細かな計算で説明し難いので、ここでは5要素の設計ポイントを解説いたします。
①卓越風を直接取り込める開口部を設置
 ポイント1:卓越風による圧力差を利用して通風に有効な位置に開口を設ける。
 ポイント2:風上に植栽や池などを配置して流入空気温度を下げる。
 ポイント3:風上と風下の開口部面積によって通風量と流入速度を調整する。
②風を呼び込める袖壁や出窓等を設置
 ポイント1:風上正面に窓を設置できないときは、側面に出窓等を設ける。
 ポイント2:建物側面の中間より風下側に袖壁や植栽等を設置する。
③屋根面を利用し天窓や頂側窓を設置
 ポイント1:屋根勾配が0°~20°(3寸5歩勾配)の範囲では屋根全体が負圧となる事を利用し、トップライトを設けて流出口とする。
 ポイント2:屋根勾配20°以上では屋根面は正圧となりトップライトは効果ない。そこで屋根勾配3寸勾配以上のときは、頂側窓を棟の風下側へ設置すれば効果的な流出口となります。
④室内外温度差を活かし排気窓を設置
 ポイント:計画地が外部からの通風を期待できない条件でも、夜間の外気温度が低下する磁器には、室温と屋外温度の温度差を用いた屋根換気が有効です。
⑤室内の通風経路の開放性確保
 ポイント1:網戸はなにも無い窓と比較して流入量が2割減、網戸+ブラインドは4割減少する。
 ポイント2:網戸+カーテンの組み合わせは網戸とカーテンが密着して通風を大きく妨げます。
 ポイント3:風の入口を出口を配置しても、室内に風の通り道を確保しないと通風効果は得られない。
        引き戸、欄間、格子戸、ドア上下スリットなどを利用して通気ルートを確保する。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-12 11:03 | eco | Comments(0)
2010年 01月 11日
給排水給湯設備のコスト
今日は睡眠3時間で「建築知識」原稿の最終チェックをしたので
やや寝不足です。おかげさまで、今月末発売の建築知識 コスト
デザイン解説の執筆作業は100%完了しました。

コストデザインに関連して、今日は給排水給湯設備工事のコスト
解説をいたします。

住宅の給排水給湯設備工事のコストは、1 屋内給排水給湯配管、
2 屋外給排水配管、3 衛生器具費、 4 給水引込関連費、
5 ガス配管の5種類で見積もり計上されることが多いです。

業者によっては、給水工事、給湯工事、排水工事、衛生器具、ガス
の5種類に分類して見積りする場合もありますね。

100m2程度の2階建て木造住宅の概算費用は次の程度です。
1 給水工事:400000円(上水申請、メーター設置費込)
2 給湯工事:250000円(ガス給湯機も含む)
3 衛星器具:800000円
4 ガス設備:300000円

上記のように100m2程度の住宅であれば設備費用は180万~
200万円というのが一般的です。

ここでここで注意しなければいけないのは、道路からの引込み費!
敷地内に給水管が入っていない時は道路アスファルトと掘削して
給水間を引き込まねばいけませんが、この費用が30万~80万円
とアスファルト厚さによって大きな開きがあります。
敷地内に給水管が入っていても老朽化している場合は水道局から
交換の指導があり、やはり自己負担で交換しなければいけません。

ガス管はガス会社負担で引き込みしてくれますが、問題は敷地の
前の道路にガス本管が通っていない場合です。遠くの道路から
ガス管と引っ張ってくるとなると高額な工事負担金が発生するのです。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-11 21:46 | cost | Comments(0)
2010年 01月 10日
龍馬伝を見て
a0152574_2233916.jpg1月10日、日曜夜8時からの龍馬伝2を見た。

司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読んだのは20年近く前、自分が大学時代
のこと。まだ自分の未来は定かではなく、可能性とエネルギーに満ちた
ころに触れた龍馬の姿に血が沸き立ち心躍ったことを思い出す。

NHK大河ドラマとして放送されている「龍馬伝」は早くも注目を浴び、恐ら
くヒットするのだろう。
でも、どこか心の奥で福山雅治の龍馬に親近感を感じない。
またドラマとしてのテンポの悪さも少々気になる。

「龍馬がゆく」で感じた、自分が幕末の渦中に居て龍馬の活躍に声援を
贈るような、そんな親近感。

僕が年をとったせいだろうか・・・

# by morikentiku-mori | 2010-01-10 22:33 | Diary | Comments(0)
2010年 01月 09日
塗装工事のコスト
今月末発売予定の建築知識の執筆がひと段落して、原稿の最終チェック
してます。明日、日曜ですが建築知識担当者と訂正項目の打合せをして
私の作業は全て完了です。

さて、今日は塗装工事のコストについてお話しましょう。
住宅の塗装工事は建売住宅ではあまり使いませんが、設計事務所住宅
では結構多くの面で塗装の出番があります。

床フローリング塗装、天井塗装、窓枠、ドア枠、スチール部分の塗装、
外壁木部塗装など、塗装面積が多い時は塗装工事だけで100万円を
超えることもあります。

塗装は素材の種類と求める性能によって実に様々な種類があり、塗り
回数でもコストが違います。ざっと主だった塗装費用を紹介しましょう。

外部面   油性調合ペイント  (OP)  1500円/m2
外部面   ポリウレタン塗装        2300円/m2
外部軒天井 合成樹脂エマルション(AEP) 1500円/m2
外部細物  合成樹脂エマルション(AEP) 550円/m
内部天井  合成樹脂エマルション(AEP) 1400円/m2
無垢床板  植物油系自然素材塗料      2000円/m2
内部面   ビニールペイント  (VP)  1400円/m2
木部面   オイルステイン塗装 (OS)  1300円/m2
木部面   クリヤーラッカー  (CL)  2500円/m2
木部面   オイルステインラッカー(OSCL)2900円/m2
窓枠    クリヤーラッカー  (CL)   700円/m
ドア枠   クリヤーラッカー  (CL)  1100円/m
片開き戸  両面、枠共     (OSCL)7300円/m

金額には「素地ごしらえ」と呼ばれる下地処理も含まれており、
金額の差は塗料の値段と作業効率(作業性)で決まります。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

# by morikentiku-mori | 2010-01-09 21:52 | cost | Comments(0)