2014年 07月 26日
そらまどのいえ 木工事進む
a0152574_104882.jpg

昨日は「そらまどのいえ」の現場監理へ行ってきました。内部木工事が少しずつ進み、間仕切り壁の骨組となる胴縁や天井下地組などの工事を行っていました。また電機配線を4人がかりで行っていました。私の方は現場へ行く途中で無印良品へ寄ってキッチン調味料入れに使う小さなBOX棚を購入し大工さんに取付方法を説明。可愛い棚ができそうです。

現場の指摘事項は外部に接する2階床下の断熱補強と電機配線後の断熱材復旧方法の指示などです。
二重壁でスイッチ・コンセントBOXを断熱材に埋め込まないようにしているといっても、一部断熱材を外さないと配線できない箇所も出てきます。その時にただ入れるだけの復旧では断熱性能が半減し防湿層も切れてしまいます。断熱材復旧方法の違いによる性能の差を電気屋さんに説明して綺麗に復旧するよう指示しました。

写真は現場近くにあった輸入車販売会社の目隠し塀です。美しい施工だったので記録として撮影したものです。
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2014-07-26 10:48 | そらまどのいえ | Comments(0)


<< 太陽熱の測定      蓄熱シンポジウム >>