2016年 11月 27日
女性向けシェアハウス ガーデンサロン北千束の高窓
a0152574_12473968.jpg
ほぼ2週ぶりのブログ更新となってしまいました。
私はいま小笠原父島にいます。小笠原で工事中の3件の設計監理で今回も大忙し、今日の午後3時出航の小笠原で帰ります。
また24時間の船旅になりますが今回は電機の職人さんとお施主さんのうちの一家族が帰省するので話し相手がいて退屈はなさそうです。

さて、写真は女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の個室高窓から降りてくる光を撮影したものです。先週の現場の状況写真ですがもう仕上げ工事が終わっていることでしょう。写真は下地ボードの石膏ボードを貼り込んだ状態で、仕上げ前のこのほうが光の雰囲気がよく解ります。柔らかな光が下りてきているのが解りますよね。
この高窓は一部開閉式になっていて、採光だけではなく換気用の窓にもなっています。高窓を開放するとことで自然の換気が促され換気効果が倍増するのです。
シェアハウスの入居は来年2月1日からの予定です。今週は現場の確認だけではなく管理不動産会社との打合せも予定しております。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-11-27 12:44 | 東京都大田区F計画


<< 連続する船底天井      高円寺の賃貸併用住宅 竣工後の... >>