2010年 02月 12日
コンクリートと一体化する着色床 カラクリート
a0152574_1713986.jpg

a0152574_1715650.jpg


新事務所の床にABC商会の塗り床カラクリートを採用しました。
カラクリートはコンクリート塗り床着色材としては定番的な商品です。

本来の使い方は床コンクリート打設後、完全に硬化する前に塗り込む事
でコンクリートと完全に一体化し、剥がれやひび割れの可能性が低い床
となります。表面の質感はコンクリートと同じですが、コンクリ-トの
ように埃はたたず、様々な色で着色できます。

a0152574_1712013.jpg


今回の新事務所床では、モルタル厚25塗り後半乾きのうちに塗り床材
を塗り込んでいきます。新事務所は白床としたので白い粉を満遍なく捲
いた様は雪が降り積もったようでとても綺麗でした。その後、金ゴテで
塗り込んで平滑に仕上げました。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ

by morikentiku-mori | 2010-02-12 17:02 | My atelier


<< ウッドデッキ ウリン材の樹液に注意      コーヒーの香り >>