カテゴリ:東京都大田区F計画( 23 )

2016年 12月 11日
東京都大田区賃貸併用住宅 吹抜け天井
a0152574_17592804.jpg
東京都大田区で建築中の賃貸併用住宅は仕上げ工事終盤です。今週末には設備機器を設置する予定です。シェアハウス部分は度々施工状況をUPしていますので、カテゴリ「東京都大田区F計画」の過去投稿も是非ご覧ください。

さて、写真は大工工事完了後、仕上げ工事直前のオーナー宅リビングダイニングです。写真奥のリビングからダイニング、キッチンまで一室空間の中に吹抜けがあり南面する高窓から明るい光が下りてくる計画です。高窓からの光の筋が落ちてくるというよりも一度壁にバウンドした光が乱反射しながら下りてくるというように光をコントロールしました。

吹抜けには梁と水平剛性を確保するブレースが出てくるのですが、ボードを上手く切欠いて、丸穴を開けて貼ってくれました。美しいですね~
大工さんありがとうございます。

この吹抜け、天井の先端をよく見ると少し変わっていますよね、そう、先端を鋭角にして斜めに折り返しているのです。光をコントロールするという目的と共に吹抜けをすっきりと綺麗に切り取るという目的もございます。竣工後に完成した写真をお見せするのが楽しみです!!

お引渡しは来週末、まさに大詰めの工事を進めてもらっています。

【太陽と風と人の五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-12-11 18:09 | 東京都大田区F計画
2016年 11月 27日
女性向けシェアハウス ガーデンサロン北千束の高窓
a0152574_12473968.jpg
ほぼ2週ぶりのブログ更新となってしまいました。
私はいま小笠原父島にいます。小笠原で工事中の3件の設計監理で今回も大忙し、今日の午後3時出航の小笠原で帰ります。
また24時間の船旅になりますが今回は電機の職人さんとお施主さんのうちの一家族が帰省するので話し相手がいて退屈はなさそうです。

さて、写真は女性向けシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の個室高窓から降りてくる光を撮影したものです。先週の現場の状況写真ですがもう仕上げ工事が終わっていることでしょう。写真は下地ボードの石膏ボードを貼り込んだ状態で、仕上げ前のこのほうが光の雰囲気がよく解ります。柔らかな光が下りてきているのが解りますよね。
この高窓は一部開閉式になっていて、採光だけではなく換気用の窓にもなっています。高窓を開放するとことで自然の換気が促され換気効果が倍増するのです。
シェアハウスの入居は来年2月1日からの予定です。今週は現場の確認だけではなく管理不動産会社との打合せも予定しております。
【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-11-27 12:44 | 東京都大田区F計画
2016年 11月 13日
シェアハウスのキッチンタイル
a0152574_16311692.jpg
このシェアハウスのキッチンは家具工事でキッチンカウンターと吊棚を設置してタイル屋さんが壁タイルを張る仕様となしています。シェアハウス入居者への告知資料では料理したくなる「ときめきキッチン」と説明しており、タイル品番の選定では失敗は許されません。仕上げ品番としては最後の選定となりましたがよく考えて決めました。

写真中央の柄タイルがキッチンレンジフード下の壁に張るタイル、柄タイルの左にある小さな桜色タイルはキッチンカウンター下の壁に張るモザイクタイルです。
そして柄タイル下の白いサンプルがキッチンカウンターとして選定した人造大理石コーリアンです。

タイルの色はピンク色、というより桜色と言った方がイメージに近いと思います。実際の品番です。
・レンジフード下タイル:名古屋モザイク ルッチカンテ MER-02511-2M
・カウンター下のタイル:名古屋モザイク リコモザイク 25角103色
・キッチンカウンター :コーリアン グラーサシリーズ ベージュ色

このキッチン壁タイルには当初からピンク色のタイルを探していたのですが、品が良い色合いのタイルがなかなか見つからずに最後の選定となりました。そんなときに馬車道アトリエのすぐ近くに最近オープンした名古屋モザイクのショールームを覘いたところ、探し求めていた色柄に近いタイルを発見したのです。そのタイルがレンジフード下で選定したタイルです。なんとまだカタログにも掲載されていない新商品だそうです。そりゃカタログを見ても発見できないはずです。

可愛くてお洒落なタイルとの幸せな出会いでした。シェアハウスは来年1月にはオープンハウスでお披露目できるよう工事を進めています。
下のアドレスでこのシェアハウス専用ホームページをごらんいただけます。
http://sharedhouse.net/

【光と風と五感に素直な建築 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-11-13 16:43 | 東京都大田区F計画
2016年 10月 18日
工事中の住宅打合せ3件
a0152574_23274745.jpg
土曜と日曜日は工事中住宅の打合せを3件させてもらいました。
1軒目は「本の家」
2軒目は「ルーフバルコニーハウス」
3軒目は「ガーデンサロン北千束(東京都大田区の賃貸併用住宅)」
写真は3件目のシェアハウス部分の完成予想パースです。

さて1軒目の「本の家」です。大量の本を収納する場所をどうするか、全ての間仕切り壁を本棚で作るべきかと考えた住宅です。所有されている書籍を計測したところ全ての間仕切り壁を本棚にするほどではないということが分かりましたが、それでも階段室の両面すべてを本棚にしても足りず書斎の大部分を本棚にしてようやく収納できる住宅となりました。そんな住宅の外装品番確認打合せを行いました。
杉板張りの外壁、金属サイディング、屋根ガルバ色、窓サッシの色を決定しました。

次に2軒目の「ルーフバルコニーハウス」です。
3方を3階建て住宅と将来3階になるであろう2階建て住宅に囲まれた敷地の住宅です。南側に隣家があり冬の陽ざしは2階の高窓からしか入らない、しかも敷地が南北に対して40度くらい傾いている条件でした。住宅は敷地に合わせて配置し、高窓は日射の有効利用が可能となるよう真南に向けて設置しました。北側に大きなバルコニーを設けて目隠しパネルで反射させた光を室内に導くプランとなったことからルーフバルコニーハウスと名付けました。今回の打合せでは内装の品番を確認しました。
床杉板の塗装色、壁クロスと珪藻漆喰の色柄、天井のクロス品番、木製建具の色を決定しました。

最後に「ガーデンサロン北千束」です。
東京都大田区北千束で計画中の賃貸併用住宅になります。昨日の打合せではスイッチコンセント位置の現場確認と内装の品番確認をいたしました。スイッチコンセント位置の確認では、すべてのスイッチと連動する照明器具の位置、コンセント位置と高さなどを現場で一つ一つ確認しました。その後に内装の品番確認をいたしました。
床杉板の塗装色、内壁和紙クロスの品番、天井クロスの品番、木製建具の色柄、シェアハウスのキッチン仕様などを決定いたしました。写真はシェアハウスのLDKスペースです。ガーデンサロンの名前の由来となったプライベートガーデン(庭)を綺麗に見せるため庭側内壁をダークブラウンの和紙張りとするよう提案して気に入っていただきました。他に濃いめに着色する木部、キッチンの壁ポイント柄として提案した桜色のモザイクタイルも大いに了承いただきました。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-10-18 00:21 | 東京都大田区F計画
2016年 10月 10日
ガーデンサロン北千束 構造見学会を開催しました
a0152574_20523963.jpg
昨日、東京都大田区で建設中の賃貸併用住宅の構造見学会を開催しました。賃貸部分はシェアハウスとして私が設計し、私が副代表を務める「感共建築ラボ」でプロデュースしています。今回の構造見学会も感共建築ラボで開催しました。構造見学会は完成後では見ることができない構造部分や断熱材充填部を見て確認できます。平面断面プランと構造は密接に関係していますし、断熱材の充填技術によって断熱性能と気密性能が大きく変わり完成後の瑕疵にもつながる恐れもあるのです。完成後では見ることのできない重要な部分を確認しながら設計意図や施工品質の説明を聞くことができるのが構造見学会です。

さて、昨日の構造見学会は感共建築ラボメンバーの関係者だけでなく配布したチラシ効果で計画地近くにお住いの方々にご来場いただき忙しい一日となりました。来年1月には完成後のオープンハウスを開催する予定です。このブログや感共建築ラボSNSで情報発信していきます。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-10-10 21:22 | 東京都大田区F計画
2016年 10月 04日
東京都大田区で構造見学会を開催します
a0152574_17264534.jpg
東京都大田区北千束で構造見学会を開催します。
森建築設計で設計監理しております賃貸併用住宅の賃貸(シェアハウス)部分の構造体と断熱材が見える状態での見学会になります。
竣工後では見ることのできない最も重要な部分を見ることができる貴重な見学会ですのでこの機会にぜひ現場へお越しください。

日時:2016年10月9日(日)10時~12時、14時~16時
場所:東京都大田区北千束1丁目8-22
最寄駅:大岡山駅徒歩8分、洗足駅徒歩7分
※見学会にご予約は要りませんが入場には住所・氏名・メールアドレスの記載が必要です

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-10-04 13:47 | 東京都大田区F計画
2016年 09月 09日
東京都大田区で構造見学会開催
a0152574_17264534.jpg
東京都大田区北千束で構造見学会を開催します。
森建築設計で設計監理しております賃貸併用住宅の賃貸(シェアハウス)部分の構造体と断熱材が見える状態での見学会になります。
竣工後では見ることのできない最も重要な部分を見ることができる貴重な見学会ですのでこの機会にぜひ現場へお越しください。

日時:2016年10月9日(日)10時~12時、14時~16時
場所:東京都大田区北千束1丁目8-22
最寄駅:大岡山駅徒歩8分、洗足駅徒歩7分
※見学会にご予約は要りませんが入場には住所・氏名・メールアドレスの記載が必要です

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-09-09 17:34 | 東京都大田区F計画
2016年 08月 10日
シェアハウス 「ガーデンサロン北千束」外部仕上げ決定
a0152574_15263066.jpg
東京都大田区で建築中のシェアハウス「ガーデンサロン北千束」の外部仕上げが決まりました。7日(日)に建て主様と打合せをして、外壁サイディング、外壁木板、サッシ色、玄関ドア色などの外回り品番を色の相性を見ながら決めたのです。また8日(月)にはシェアハウスの管理をお願いする予定の不動産屋さんとの打合せを行い、賃料や管理規約などについて協議しました。

このシェアハウスは私が副代表を務める「感共建築ラボ」がコンサルを行い、広告や運営方法などの立案をしています。今月中には特設サイトを開設して9月早々にはサイトを一般公開する予定です。また9月25日(日)には構造見学会の開催を予定しています。シェアハウス入居希望の方やシェアハウス建設を予定している方などにとっては重要な情報収集の場となるでしょう。開催時間や場所などの細かな情報は見学会が近づきましたらこのブログで情報発信いたします。

工事は現在基礎工事が完了し盆明けに上棟、本年12月末にお引渡し予定です。ですのでシェアハウスへの入居可能日は来年年明け早々になるよていで進んでいます。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】

by morikentiku-mori | 2016-08-10 15:42 | 東京都大田区F計画
2016年 05月 02日
クリナップキッチン 昇降式ウォールキャビネット
a0152574_17213421.jpg

昨日は「北千束のシェアハウス計画」のオーナー宅キッチンとユニットバスなどの仕様確認でショールームへ行ってきました。

写真はクリナップキッチンのウォールキャビネットです。電動式で昇降させることができ、まな板や洗ったお皿はもちろん、調味料やキッチンペーパーなどの小物もスッキリ収納することが出来ます。調理から後片づけまで大活躍するという代物です。棚を下げた時にはダイニング側から目隠しにもなるのでキッチン側を見せたくない時に下げておくというような使い方もできそう。棚を下げる高さも電動ボタンで任意に固定できるので調味料だけ使いたいときは半分下げて、洗ったお皿やボールなどを置きたいときは最下段まで下げるというように使い分けできます。そんな便利なウォールキャビネットですが、電動ということもあり少々お値段も高い。普通のタイプで定価30万円ほど、殺菌機能の付いた上位機種だと40万円近いという金額です。

こんな便利な代物を見てしまうと欲しくなってしまうのが人情でしょう。いつかそんなご要望が出るとは思っていましたが、この計画で設置することになりそうです。

その他、昨日はTOTOショールームでユニットバス、洗面台、便器などの仕様を確認させていただきました。

キッチンやユニットバスでメーカーの既成品を導入する住宅では、キッチンはクリナップ、ユニットバスはTOTOをお勧めすることが多いです。今年竣工する住宅だけで5軒の住宅に設置することになるでしょう。
私の選定基準はコストパフォーマンスと耐久性です。デザインや美しさはあまり重視しません。設備は必ず故障します。修理や交換が必要になったときにどのくらいの費用がかかるのか、交換まで何年くらい使えるのかをよく確認しておいたほうがいいでしょう。光熱費は月1万円、年12万円程度まで省エネ設計できるようになっているので、設備更新費はランニングコストの中で大きなウェートを占めるのです。

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-05-02 17:40 | 東京都大田区F計画
2016年 04月 22日
北千束のシェアハウス計画
a0152574_9341977.jpg

ブログの更新を怠っていた1か月間のあいだに、進行中物件は順調に計画通り進んでいます。
東京都大田区の賃貸併用住宅の計画は賃貸部分の計画をシェアハウスとして進めることが決定し、現在実施設計図面を作成中です。
ということでブログの計画名を「北千束のシェアハウス計画」として今後計画の進行状況をお伝えします。

この計画のシェアハウス部分のコンサルタントを建築家8人で設立した「感共建築ラボ」で行うこととなり、管理方法・客付け・運営形態などを作成中です。設計した建築家がシェアハウスの運営まで行うという、日本でもあまり聞いたことのない運営形態です。客付けにおいては「北千束シェアハウス計画」の専用ホームページや販促チラシなどを作成中です。これらも順次情報発信してまいります!!

シェアハウスの入居可能時期は2017年1月を予定しています。
女性限定のシェアハウスとなりますので、ご興味ある方は「感共建築ラボ」までメールをお送りください。
→info@kankyo-labo.jp

【住環境性能+Design住宅 森建築設計】
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

by morikentiku-mori | 2016-04-22 09:46 | 東京都大田区F計画